発売日 2008年05月09日(金)

白球少女 (2)

著者名:山崎 毅宜(著者)

¥560(税別)

ISBN:
978-4-7973-4797-5
サイズ:
3FDBDC27-F15A-41EB-BD35-2BED8DD38792
ページ数:
160
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・山崎 毅宜

Twitter

Unable to load Tweets

  • ※注:野球を、試合をしている高校生を描く漫画ではないです

    4.0
    YKS

    野球をしない野球漫画「白球少女」第2巻。いやしかし、本当に、今回は馬場が…馬場がカッコイイ…。これは惚れる。家族も顧みず野球野球野球のクソ親父に育てられ、天才的な野球の才をもつ高校生─白石円(つぶら)─但し才能と好悪はまったく別次元の話。ろくでもない親父に野球を無理矢理刷り込まれたせいで、当人は大の野球嫌い。しかし周囲はその才能を放っておくはずがなく、転校先の田舎高校でも性別を誤魔化してでも野球部に入ってくれなどと執拗に迫られ…。というのは1巻のあらすじ。と、まあそういったわけで「野球やってくれー野球やってくれー」「嫌だ嫌だー」の押し問答をしつつ、なんだかんだで野球部の連中との親交が深まっていってしまう女子高生を主役にした漫画の最新刊。主人公が殊更に野球をすることを拒んでいるので野球漫画の皮をかぶった別の何かであり、作中で野球は一切してません(笑)。それでも、いや、それだからこそ?野球を好きな人にも受け入れられそうな気はします。(野球漫画の野球と現実の高校野球ってかけ離れてますしね。漫画で高校野球見るなら夏の甲子園でも毎年楽しみにしとくわ!という人も少なくないはず。)で、2巻の話ですが、レギュラー確実と思われる登場人物がひとり新登場。女子であり野球部でもないのでこれまた野球関係ないわけですが、話を引っ掻き回すという役割において重要なはたらきをしてくれそう。また、今回はつぶらの親父も出てきます。これがまた想像以上の下衆野郎でして、ここまでサイテーな奴ならサイテーを貫き通してくれないと逆に不満がたまりそう。(家族をほっぽって野球に打ち込むのには深い事情があって〜などといった展開は嫌だなぁという意味です)兎に角も、熱血過ぎずクサすぎず。程よい青臭さがたまらない青春コメディのお手本みたいな漫画になってきました。3巻は文化祭の話になるようですね。え?野球?しないでしょう、次もきっと。

すべての1レビューを表示

  • exsoy

    名古屋のコアラw 続きを読む

  • iwaokeinfinity

    なんか核弾頭がでてきてイージス艦が疲弊する話だった 野球とは。 続きを読む

  • のりのり

    積読消化したついでに1,2巻も再度読む。あー2巻から文化祭の話題が出てるあたりこの作品の本性が垣間見えてるのね 続きを読む

すべてのレビューを読む