発売日 2009年06月16日(火)

[Si新書]デジタル一眼レフで撮る四季のネイチャーフォト
日本のすばらしき自然とそこに生きる生き物の一瞬を撮る

著者名:海野 和男(著者)

¥952(税別)

ISBN:
978-4-7973-5121-7
サイズ:
2919B434-48F3-4296-90A8-9F65386C1846
ページ数:
232
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・海野 和男

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

デジタル一眼レフで撮る四季のネイチャーフォト"]
  • 昆虫等をいろいろな視点で捉えた素晴らしい解説書

    5.0
    yoshiro-t

    私は蝶の撮影が専門なのですが、当書は蝶を初めとする他の昆虫、植物等をいろいろな視点で撮影するための入門書です。海野さんの書籍はデジカメ初心者の私にとっても非常に解りやすく解説されていて、更に掲載されている写真が素晴らしいものばかりでパラパラと捲っているだけでもとても面白い本です。お勧めの一冊です。

  • 5.0
    amnjack

    ネイチャーフォトの神髄が簡潔に表されていて、眼レフ使いには非常に参考になる。魚眼がほしくなる。

  • 海野さんの写真が好き

    4.0
    Amazonのお客様

    海野さんの昆虫の写真集はとても高い。でも、この本は写真だけでなく撮り方の説明もあるし、虫の話もあるのに安い!凄く好きな本で何度も読み返したりしています。ただ、誤植、誤字が結構あります。もうちょっと編集に気をつければ済むことなので、出版社は気をつけてはどうかなと思います。

すべての12レビューを表示

  • 翔亀

    撮影法入門書であるが、著者の撮った四季を巡る自然(昆虫、鳥、森、花、風景)の写真が、解説入りでたくさん並べられ写真集としても美しい。この一年、折に触れて眺めていたが、雪を撮りに近々遠征するので、今日"冬"の部分を読み、すべて読了した勘定になった。この本が良いのは、テクニックに溺れるのではなく、自然の中に被写体をどう見つけるかのヒントが沢山あること。いや写真のための手段としての自然ではなく、自然の中の美しさの発見を導いてくれること。こんなところに美しさが隠れていたのか。私にとって、自然発見入門書であった。 続きを読む

  • YOS1968

    カメラは難しい。いつも悩んでしまうので手に取った一冊。結論としては、そこまで参考にはならなかった。しかし綺麗な写真を取ろうという動機づけにはなった。 続きを読む

  • shibatay

    2009年刊行なのでカメラの性能や機能的には古い情報しかないですが、海野さんの技術解説はわかりやすく、素人でも真似て試せるので、今でも役に立ちます。ストロボの使い方を主に学習。 続きを読む

すべてのレビューを読む