発売日 2010年01月18日(月)

[Si新書]知っておきたい有害物質の疑問100
防水加工剤でコレステロール値が悪化?ピーナッツのかびに発ガン作用?

著者名:齋藤勝裕(著者)

¥952(税別)

ISBN:
978-4-7973-5505-5
サイズ:
2919B434-48F3-4296-90A8-9F65386C1846
ページ数:
240
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・齋藤勝裕

Twitter

Unable to load Tweets

知っておきたい有害物質の疑問100"]
  • よくまとまっています

    5.0
    mie

    小学生の理科の授業で話すネタに使いました。日常生活でかかわる可能性のある物質が食品、医薬品・化粧品など場面ごとに読みやすく整理されていて助かります。食品や化粧品などの成分表示に記述されているどの物質がどんなものなのか知ると、買い物のときに商品をひっくり返してみる習慣が付きます。今の時代、その表示を信じていいかどうかという困った命題もありますが、とにかく知識を持つことは自衛の第一歩です。特に専門的な知識がなくても普通に読み進められます。興味があるかたなら、お勧めします。

  • 5.0
    あまぞん太郎

    ピーナッツとはどういったものかもっと知りたいです。また、関連としてキノコなども成分などが知りたいと思いました。

  • おもしろくてためになる。場合によっては死なずに済むかもしれない。

    5.0
    aaa0042

     魚、動物、食品から家庭用洗剤、薬、重金属と身近にあるものを中心として、人体に害のある物質を化学的に紹介しています。薬品類はわたしたちの生活に欠かせないものですが、大量摂取するとどのような危険があるのかがよく分かります。また、普通に食べている貝類は、海の有害物質(主に重金属類)を体内に貯蔵していくので、汚染された海で採れた貝は危険だと言うこともよく分かります。 知っていて損はない情報ばかりで、興味深く読むことができます。決して難しい本ではありませんが、理科(特に化学)だけは大の苦手という方には少々きついかもしれません。

すべての3レビューを表示

  • ヒコ。

    化学式が多くて嬉しい、毒の機序まで説明があるとなおよかった 続きを読む

  • 海豚

    パラパラと、めくっただけでした。 続きを読む

  • すい

    何の役にも立たない内容だけれど、理系の人の文章がヘンテコリンなのを楽しむには良いかもね。 続きを読む

すべてのレビューを読む