発売日 2009年10月16日(金)

[Si新書]花のふしぎ100
花の仲間はどうして一斉に咲きほこるの?タネづくりに秘めた植物たちの工夫とは?

著者名:田中 修(著者)

¥952(税別)

ISBN:
978-4-7973-5588-8
サイズ:
2919B434-48F3-4296-90A8-9F65386C1846
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・田中 修

Twitter

Unable to load Tweets

花のふしぎ100"]
  • 織町

    “花は子孫を残すという大仕事を果たすために、工夫を凝らしたしくみをもち、そのしくみに子孫繁栄の思いをこめています”花はどういうタイミングでどのようにしてつぼみとなり花となり、種をつけるか、知っていますか。100ある質問に対して写真つきで答えてくれてます。気温、明暗、決まった時間に開く花。花開くことで匂いを漂わせるしくみや、銀杏がシダ植物の進化して生まれた植物であること、花の世界の色々。ほおほおと、ふむふむ言いながら読み終えた。植物に触れてあげようと思った。知ってるようで知らない、通りすぎていた花の世界 続きを読む

  • kumonosuke

    花は本当に美しいし、不思議な魅力に溢れている。花の季節いろいろの花を観賞したい。花びら一枚一枚を観察したことも無ければ、花びらの枚数を数えたり、おしめの数を数えたことはない。科学者は一味違う見方をする。 続きを読む

  • ハラデグミ

    花の研究が、カラー写真で分かりやすくQ&A形式にまとまっている。種無しブドウの作り方をはじめて知った。後半の日照時間とつぼみの関係は興味深かった。 続きを読む

すべてのレビューを読む