SBクリエイティブ

[Si新書]花のふしぎ100

田中 修:著者

花の仲間はどうして一斉に咲きほこるの?タネづくりに秘めた植物たちの工夫とは?

ガーデニングや生け花など、花を愛で、楽しむ心を日本人はもち続けてきました。花は、その美しさばかりが強調されますが、植物にとってはタネをつくるための大切な器官でもあります。本書では、インターネット上での一般アンケートや、小中学生から寄せられた花についてのさまざまな疑問の中から100を厳選し、植物生理学者の著者がやさしく答えています。花が持つふしぎなしくみとその働きを、ぜひ楽しんでください。

第1章 花々の話題 回廊を楽しむ
第2章 花々のゆたかな個性に出会う
第3章 ひと花咲かせたあとの大仕事
第4章 花々の装い
第5章 仲間の植物はいっしょに花開く
第6章 ツボミの誕生

■著者紹介
1947年、京都生まれ。京都大学農学部卒業、同大学院博士課程修了。スミソニアン研究所(アメリカ)博士研究員などを経て、現在、甲南大学理工学部教授。農学博士。専門は、植物生理学。著書に『葉っぱのふしぎ』(サイエンス・アイ新書)のほか、『都会の花と木』『雑草のはなし』『ふしぎの植物学』『つぼみたちの生涯』(中央公論社)、『入門たのしい植物学』『クイズ 植物入門』(講談社)などがある。また、監修として『花と緑のふしぎ』(神戸新聞総合出版センター)がある。

定価:1,048円(本体952円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2009年10月16日(金)
  • ISBN:978-4-7973-5588-8
  • サイズ:2919B434-48F3-4296-90A8-9F65386C1846
  • ページ数:224
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

著者・田中 修

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る