発売日 2011年11月15日(火)

人を動かす[超]書き方トレーニング
劇的な成果が手に入る驚異の作文術

著者名:苫米地英人(著者)

¥1,400 (税別)

ISBN:
978-4-7973-6194-0
サイズ:
四六/1色
ページ数:
270
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・苫米地英人

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

  • タナカ電子出版

    苫米地先生の視点いつも鋭いです。ただ著者の本を何冊か読むとだいたい言いたいことは伝わってきます。スコトーマを外す!とりあえずこれ言いたい! 何回も読むと芸人の持ちギャグやつかみのように思えてきます。(爆笑)彼の著書はいつもそこそこ難しいです。そんな著者が伝わる文章を書くように提案するこの本自体にツッコミをいれたくなります。 ただ著者の理論展開は面白いです。文章を書く人は是非とも読んでほしい本です。 続きを読む

  • furi*kake

    読み手は知らない情報は認識できない、知っている情報は認識しない、しかもその判断は読み手に委ねられている。キーワードで読まれないようにするには、単語の意味を自分が伝えたい形できちんと定義する、フレームを引き起こしそうな単語はあえて使わない。論法の一つ一つに微妙な不確定要素が入ると、最終結果に大きな影響を与えてしまう。三段論法は現実世界では役に立たない。論理的な文章を書くためにデータ(事実)、ワラント(根拠)、クレーム(主張)を組み立てる。クレームの例外を考慮する。反論しずらいバッキング(論拠)を用意する。 続きを読む

  • Sachi

    小説等の文芸作品と一般的な文章をまず分けて書かれているのでわかりやすく整理できます。書くという行為には常に言葉の解釈が読み手にゆだねられているということを忘れてはいけない。後半のジャーナリズムの役割とは?の章は良かったです、新たな視点を提供するという役割を果たしていない文章ばかりでは新聞は存在意義がなく通信社だけで良いことになる。教育に関しても軽く触れられていました。生成文章について興味湧く。感性って何?なんてテーマもあって面白い本でした。 続きを読む