発売日 2011年05月28日(土)

[Si新書]知っておきたい放射能の基礎知識
原子炉の種類や構造、α・β・γ線の違い、ヨウ素・セシウム・ストロンチウムまで

著者名:斎藤勝裕(著者)

¥952(税別)

ISBN:
978-4-7973-6568-9
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・斎藤勝裕

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

知っておきたい放射能の基礎知識"]
  • 学生時代の参考書のなつかしさ感。意外に楽しめる。リタイア理系人用。

    4.0
    ましゅう

    ん十年前に高校の物理で勉強したときの懐かしさで、ほのぼのした気持ちで楽しんで読めました。部分によっては過剰とも思えるイラスト満載で、ネタ的にはシリアス過ぎて重たい題材を飽きさせないように、飽きさせないように、とても頑張っていらっしゃいます。そのちょっと意味不明なイラストここで要るかなー、とツッコミたくなる程のサービス感が、学生時代に懐かしい参考書の頑張り感、何とか興味関心を持たせようとする一途さを思い起こさせてくれたのかもしれません。何かあればすぐに噛み付かれるお題だけに、丁寧に丁寧に、同じパラグラフの繰り返しがコピペミスに思えるほどに、理解しやすさを追求されています。はるか昔、過去に学んだ知識の整理確認とほんの少しの拡張がエンタメとして良いかなと思います。過去に理系だった自分、心のどこかで自分はマダ理系だーって叫んでたりするけど、もうすっかり現役理系から遠のいてしまってる自分、もしくは昔に理系志したけど道半ばで挫折した自分、そんなような小さなプライドをくすぐってくれる読みものでした。最初は大分、不信感満載でトライしてみた本でしたが、すっかり気に入ってサクサク読み進めていました。これでリタイア理系人のメンツ一応保てます、質問されても専門外で分かんないとか言わずにね。

  • 5.0
    ryu8019

    原発の仕組みを勉強するために購入したが、それ以外の原子核や核の利用についても知識がつきました。繰り返しの説明が私には分かり易く感じ、時々読み返したくなります。

  • よいです

    5.0
    カッキー

    とてもわかりやすくてよいと思います。同じ出版社から他の著者が書いた類似の書籍が出ていますが、そちらは読むに耐えない最低の内容でした。それとの比較でいっても良心的で良著だと思います。

すべての15レビューを表示

  • forest rise field☆

    世の中、毎日原発事故のニュース。食品の風評被害などもあり、手に取った。仕組みや性質を知る事が大切。 続きを読む

  • ゆるるん

    福島原発の事故に乗じて、国民に基本的な放射性物質についての知識を広めようということで書かれたようです。原子力について、当時ニュースでよく見たけど良く意味は分かってない、という人が多いと思います。そういう人にオススメします。核については賛否両論あります。ただ、これは核に限ったことではありません。無闇に核を否定するのではなく、正しい知識を持った上でしっかりと付き合っていく。これこそが人類の発展に繋がると僕は思っています。そして、僕たちはそのようにして発展してきたのですから。 続きを読む

  • 紫砂茶壺

    核分裂反応についてわかりやすく説明してくれているので、予備知識がなくても理解できた。ニュースで伝えられるセシウムだのヨウ素だの核燃料物質のウランと関係ないものが、なぜ原発事故で産出されるのかについても全然理解していなかったし、周辺住民にヨウ素を配るというのも何を目的としているのかわからなかったけど、この本のお陰で一通り理解できてスッキリした。高速増殖炉などの用語はニュースで一度は聞いたことはあるはずだが、殆どの人はそれが何なのか理解していないと思う。そういう人におすすめ。 続きを読む

すべてのレビューを読む