発売日 2011年09月15日(木)

彼と人喰いの日常

著者名:火海坂猫(著者) 春日歩(イラスト)

¥590(税別)

ISBN:
978-4-7973-6698-3
サイズ:
文庫
ページ数:
240
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・火海坂猫

イラスト・春日歩

Twitter

Unable to load Tweets

  • 半熟タマゴ

    バッドエンドまっしぐらな話なんだけれど、そこまで暗い気持ちにならずスラスラと読めた。想い人ではなく黒衣と共に生きることを選択した十夜の行く末を見届けたい。 続きを読む

  • 空箱零士

    ★★★☆ 力を得る、ということを考えてみる。絶対的な力。名前を書くと人を殺せるノートで新世界の神を名乗った人間もいたけれど。過ぎたる力が人を幸せにすると限らなくて。その力を行使したからといって愛する人が幸せになってくれると限らない。それでも力を捨てるにはあまりに重い罪を背負ってしまった。だから罪を背負って生きる。罪を生み出す力を愛する人の幸福への行使するために生きる。たとえその幸福をその人が感知出来ずとも。力は嗤う。人間は面白いと。力と幸福が必ずしも比例しないのが人間で。だからこそ悲劇は存在するのだから。 続きを読む

  • Yobata

    リンチされ殺されかけていた神咲十夜の頭に「助けてやる」と声が響く。その声に応じると、そこにはリンチしていた三人の死体と一人の女だった。その女は巨狼の人喰いの妖で、「月に一度、人を喰わせる」という契約をしてしまっていた。契約に従い月に一人名目上殺さなければならなくなってしまった十夜。重い悩みに苛まれる事情とはお構いなしに、幼馴染の来海立夏が話しかけてくる…。人喰いと暮らすことになってしまった少年の物語。DEATHNOTEを遣わざるを得なくなってしまったみたいな話。DEATHNOTEの夜神月は積極的に使用し→ 続きを読む

すべてのレビューを読む