発売日 2016年01月15日(金)

最弱無敗の神装機竜《バハムート》8

著者名:明月千里(著者) 春日歩(イラスト)

¥630(税別)

ISBN:
978-4-7973-8612-7
サイズ:
文庫
ページ数:
344
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・明月千里

イラスト・春日歩

「月見月理解の探偵殺人」で、第1回GA文庫大賞《奨励賞》を受賞し、デビュー。
「眠らない魔王とクロノのセカイ」「妹様による、俺ルート攻略・ラブコメ理論」等。

Twitter

Unable to load Tweets

  • スズ

    旧時代の皇族『創造主』と全『七竜騎聖』が集う世界会議が学園で開かれ、ルクスとセリスは、第一遺跡『塔』の調査権を巡り、ヘイブルグ共和国の『七竜騎聖』ローザと戦うことに。しかし、セリスはルクスを意識してしまって不調気味で…。セリスのルクスを避けてしまうような行動と、フギルの言葉で自分自身の心の欠陥について悩むルクスだったが、セリスと共に大きく成長した。ルクスを誘惑するマギアルカや、ルクスのマッサージにドキドキするリーシャが可愛らしかった。夜架が良い意味で暗躍していて良かったです。果たして裏切者は誰なのか……。 続きを読む

  • Yobata

    「創造主」との対話である世界会議がこの度文化祭を迎える学園で行われることになり、各国の七竜騎聖が集まってくる。そしてリステルカから語られるのは世界の終わり。その危機に各々の思惑も動き出し、ルクス達は…。世界会議,文化祭&セリス回。ついに創造主のリステルカが表舞台に出てからは世界滅亡まであと半年宣言で、残りの七竜騎聖も現れて個性派揃いだったけど、一気に主導権が持って行かれた感じだね。そんな中で行われる文化祭。ルクスも女装して行われたコンテストも面白かったけど、もう少し文化祭部分を出して欲しかったかな?→ 続きを読む

  • よっち

    対話を求め現れた旧時代の皇族『創造主』。七竜騎聖とともに対峙した世界会議の場でルクスは兄フギルとの邂逅を果たし、恐るべき世界滅亡の危機を知る第八弾。今回は何と言ってもルクスへの想いを自覚できないまま、戸惑いつつも気にせずにはいられないセリスがなかなか可愛かったですね。周囲にはバレバレなのに鈍感な二人にはさすがの三和音たちも苦笑いというか。そんなセリスの迷いもあってか、今回は悪辣な手も辞さない相手に後手に回ってしまいましたが、セリスもようやく想いを自覚したようですし(やり過ぎ?w)今後の巻き返しに期待です。 続きを読む

すべてのレビューを読む