発売日 2011年09月15日(木)

Happy Death Day 自殺屋ヨミジと殺人鬼ドリアン

著者名:望公太(著者) 晩杯あきら(イラスト)

¥590 (税別)

ISBN:
978-4-7973-6731-7
サイズ:
文庫
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・望公太

イラスト・晩杯あきら

Twitter

Unable to load Tweets

  • K

    直ぐに読めるような面白い話でした!主人公キャラも魅力的ですが自殺屋・殺人鬼も良いキャラでした(*^▽^*)めっちゃHappy Endなのにまさかの続く…(苦笑)まぁ2巻も面白いことを期待できそうですね! 続きを読む

  • ハル

    結構面白かった( *・ω・) 「自殺系青春エンタメ」というあらすじに書いてある通りな作品(笑) 「生と死」という重いテーマなのに、良い意味でユル軽い。ラストシーンも不思議なハッピーエンドで素敵でした。厨二成分は若干キツめ。 処女作ということもあり、荒削りな部分はある。けれど作者の「こういう作品が書きたい!」という意志は伝わってきて、個人的に好印象。最初から小さくまとまった作家より断然いい! たったの200ページ、主人公の一人称&会話中心の文章、勢いで読ませる作風、といった相乗効果であっという間に読了。  続きを読む

  • 王蠱

    「異能バトルは~」「うちのクラスの~」から作者ポロロッカ。自殺や殺人鬼など重苦しいはずのテーマなはずなのに(個人的にも少し苦手な部類の話なのに)しっかり読ませ、そして後腐れも心地の悪さも感じさせない、否むしろ心地よいものすら残るような文章は方向性は異色かもだがやはりこの作家らしい。この作者の作品に登場する「自分の生き方に嘘をつかない」キャラ達とその魅力が処女作のこれの時点でしっかり出せているのが本当に凄い。本文最後まで読み終えた時、シドの『遺書』を読み終えたヨミジの笑顔が自然と頭に浮かんだ 続きを読む