発売日 2014年10月15日(水)

異能バトルは日常系のなかで 8

著者名:望公太(著者) 029(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-8017-0
サイズ:
文庫
ページ数:
272
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・望公太

イラスト・029

Twitter

Unable to load Tweets

  • 流言

    『小学生相手に、恋愛感情なんて抱くわけねえだろ』。一見してなんでもない、むしろ真っ当にさえ見える台詞がこうまで重く、こうまで残酷に響くとは。誰だってそうする……むしろ、良識があってこそそうすると思わせる無難な選択が日常を崩壊させる展開に舌を巻く。読者に取っては何度でも楽しめるフィクションの中の文化祭ではあるけれど、作中人物にとっては今しかない一度だけの青春だという事実が切々と伝わってくる。見開きの挿絵も、一目で情景が伝わるという文章にない強みを発揮しており『ライトノベル』という媒体をフル活用している一冊。 続きを読む

  • チェシャ猫

    小学生でそんな感情を持つのか??厨二は理解できるけど 恋のドキドキはイマイチ理解できないんです。面白かったからOKなんですが。読者から見て、完全安全パイの千冬ちゃんを敢えて安全牌から修羅場に突入させるところはさすがだと思います。 続きを読む

  • 半熟タマゴ

    千冬ちゃんの本気が見れる巻。安藤に対しての行動力も文芸部の中で一番大きいと思うし。千冬ちゃんのまっすぐさがなんだか眩しい。小学生おそるべし。 続きを読む

すべてのレビューを読む