発売日 2018年01月15日(月)

異能バトルは日常系のなかで 13

著者名:望公太(著者) 029(イラスト)

¥610 (税別)

ISBN:
978-4-7973-9386-6
サイズ:
文庫
ページ数:
296
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・望公太

イラスト・029

著者=望公太
第3回GA文庫大賞・優秀賞、および第5回ノベルジャパン大賞・金賞受賞。
代表作に、テレビアニメ化された『異能バトルは日常系のなかで』(GA文庫)のほか、
『最強喰いのダークヒーロー』(GA文庫)、『黒き英雄の一撃無双(ワンターンキル! )』(HJ文庫)など。

カバーイラスト=029
代表作『異能バトルは日常系のなかで』(GA文庫)、『はたらく魔王さま!』(電撃文庫)シリーズ。

Twitter

Unable to load Tweets

この本のレビュー

  • 流言

    終わりの終わり……なのに、ぐだぐだじゃねーか! しかし、それぞれのあったかもしれない未来を描く《人の不幸は罪の味》は巧いファンサービスだったし、ぐだぐだのようでいて安藤と桐生さんの人生にキチンと区切りを付けた内容であったり、ナンバー13が最後の数字であったりと色々なところで作者のセンスが煌めく最終巻。《歪み破綻する愚神の記述》からの一連の下りで正統派の中二マインドを見せつけてくれたところも良かった。尖った価値観が見事に自分に突き刺さる作品だったと言える。完結おめでとうございます! 今までお疲れさまでした! 続きを読む

  • 水無月冬弥

    最後までメタメタな話だった。だが、それがいい。しかし、まさかこんな終わり方なんて……、キーとなるのが相模の行動&能力なのが何とも。ところで、ラスト、安藤のカノジョが誰かわからない仕様になっていますが、デレ代さんですよね、表紙で見えないけど手を繋いでいるようですし。 続きを読む

  • ツバサ

    終わらせるだけでも満足。このシリーズがきっちりと「終われた」ことに意味がある。また1巻から読み返したいなと思うシリーズ。 続きを読む