発売日 2014年12月15日(月)

異界神姫との再契約(リユニオン)-暴風再愛-

著者名:望公太(著者) メロントマリ(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-8160-3
サイズ:
文庫
ページ数:
304
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・望公太

イラスト・メロントマリ

Twitter

Unable to load Tweets

  • チョベグー

    5.0
    Amazon カスタマー

    とにかくおもしろい最初は、ありきたりな展開やなと思っていたけど自分好みのストーリーでした。

  • 4.0
    通りすがり

    似たところのジャンルで行くと、他の方も触れているデート・ア・ライブやカンピオーネなど。分類としては【ハーレム】【ファンタジー】が主。登場キャラが多めで、おそらく刊行数を増やすためと、2周目という設定も短編などを出す伏線になるので、後半グダグダになりそう。似た作品が多いものの、内容は面白い。初刊の今回は成功なんだろう。

  • 世界を救ったあとの後始末

    4.0
    フェンリル

    紆余曲折の末に世界を救って完という作品はいくらでもあるがこれはその後の物語突然異世界に送られ、最強クラスの神魔を次々に仲間にして悪の王を滅ぼして、世界を救い、そして現実へと無事に帰還するでも帰還した後で、その世界は一体どうなってしまうのか?再び異世界に戻ると自分が世界を救ったというその結果や影響で世界に再び混乱や争いが生まれてしまう皮肉戦後処理を怠ったがための、尻拭いをさせられる主人公の話。よくある未来系の作品で未来を変えると過去が変わるその影響で結果が良くも悪くも変化したりするような一種のタイムパラドックス的な要素もあり主人公の立ち位置もまた救世の英雄であると同時に世界に混乱をもたらせた悪者という位置付けになってしまっている切り口としては変り種で新鮮味や面白味はあると感じているがご都合主義の連続と作者特有の寒さと隣り合わせの下ネタ(ギャグ)が多いのでそのあたりもまた評価の分かれ目だったりする。

すべての18レビューを表示

  • あっちっち

    異世界召喚モノ。すでに一度は異世界を攻略し、本来の世界に帰還。そして、再召喚というのは、最近ちょこちょこ見かける設定でしたが、面白かったです。かつて契約した十二神姫と再契約を目的とする(ようは別れた元カノとヨリを戻す)がメインテーマ。全ての十二神姫との再契約までには時間がかかりそうなので、キチンと完結して欲しいですね。それと、ライラ・アルアのスチュート姉妹は可愛かったのですが、ライラのおっぱいはちーとばかしデカすぎ。大は小を兼ねるというけど、あのサイズだと小さいおっぱいのアルアの方が好きだな(苦笑) 続きを読む

  • sskitto0504

    望公太さんのということで。なかなか設定も面白いし読みやすいです。いろいろと伏線も多いし、次の巻でどういう風に物語を広げるのか楽しみです。 続きを読む

  • むらびとβ

    ★★☆☆☆ 望公太という作者の本質を捉えられているか否かが、本作を受け入れられるか受け入れられないかの分水嶺。とりあえず、この作品を読む前に「異能バトルは日常系のなかで」を読んでおけば万事おっけー。内容としては、十二人の元カノ(神姫)とヨリを戻すために奮闘する俺TUEE!の少年の物語。この作者は「メタ」を得意とされる作者なので、その「メタ」を「メタ認知」した上で作品を読み進めていくと、作品に対する心象も180度変わってくるように思う。そしてリューラの処女厨は、相模静夢のそれに比べれば万倍マシに思えてくる。 続きを読む

すべてのレビューを読む