発売日 2011年10月15日(土)

優等生以上、フリョー未満な俺ら。

著者名:初美 陽一(著者) さくらねこ(イラスト)

¥600 (税別)

ISBN:
978-4-7973-6732-4
サイズ:
文庫
ページ数:
264
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・初美 陽一

イラスト・さくらねこ

Twitter

Unable to load Tweets

  • コレも覆面パンクです‼︎

    5.0
    つんつん

    パンクは英語でヤンキーと言います!実はこの本は覆面パンクです。

  • 5.0
    ヒゲサンダー

    主人公の優等生が不良を目指す物語です。が、不良のような行為を一切しません。はっきり言って正義の味方の不良を目指してるみたいな感じです。 ヒロイン以外の女受けもいいリア充主人公だと思います。 ちなみに主人公はクラス委員長のようです。主人公は言葉使いがかなりチンピラ語で笑えますよ。 舎女(しゃまい)のヒロインやら美少女委員長や天然幼ななじみが出てくるので読んで見るのはいいと思います。 オラも舎女が欲しいでゲス

  • ラブコメ以上、ツッパリ物未満

    3.0
    ヤボ夫

    不良を目指すと公言しているのにやってる事は優等生であり面倒見の良い兄貴分という変な主人公と彼を取り巻くヒロインたちのドタバタを描くラブコメ正直、ラブコメにしては終始テンションが高すぎてノリについていくのに苦労する(何故かギャグパートになると台詞がことごとく「銀魂」調になるのが不思議)ラブコメとして読むには個々のヒロインがほぼ最初から「落ちている」ため主人公との関係性の変化というラブコメを楽しむ要素が欠落しているという「どっちつかず」の印象が強かった何より困った事に主人公や彼を取り巻くハーレム的ヒロインよりも主人公に振り回される気弱な同級生と彼に惚れ込んでいるスケバン的ヒロインの方が物語中で成長しているし、キャラも立っているというのが…第一巻なのに主人公がサブキャラに食われてしまっているのは頂けない。主人公が「不良」に拘る動機付けや彼が周りに自分を不良として認めさせようという行動がサブキャラ同士のカップルの影に隠れしまっているヒロインたちも舎弟ならぬ舎妹(しゃまい)は最後に「よく分かんないけど兄貴の様な『ふりょう』を目指す」というモットーに従った行動を取るのだけど、残りの二人、委員長系メガネっ娘と金髪幼馴染はキャラが被りすぎ不良を目指す主人公を更正させようとする役割をどちらか一人に集中した方が良かったキャラを転がそうとする作者の意図は分かるのだけど、キャラ物を意識しすぎて最初から登場人物を出しすぎてしまい収拾が付かなくなった事が見えてしまっている。新人にありがちな「盛り込みすぎ」の作品

すべての9レビューを表示

  • SSS

    舎妹という斬新さ、表紙のヒロインが子犬のように懐いてくる。 これはもう主人公のように甘甘になって然るべき。 子犬系ヒロイン好きにはタマラナイ!! 続きを読む

  • メントスin鼻の穴

    ずっと先送りにしてたけど、やっと読了。もっと早く読めば良かった!キャラが可愛くて、笑えて、熱いシーンもある。これは思った以上にハマった。しかし、主軸っぽいヒロインが、サブカップルのししゃもちゃんというのはどうなのか・・・ああでも、姫子カワイイよ姫子・・・舎妹イイナァ。もっと舎妹を見たい・・・(?) 続きを読む

  • カインズ

    【不良ではない】主人公が思い描いている不良像が一般的な不良像とは異なっているので、別に不良を目指さなくても良いのではないかと思ってしまいました。登場する女性キャラは、魅力的。ただ、朱里がなぜ主人公に好意を抱いているのかがちょっと疑問に感じられました。主人公側と翔側でそれぞれ恋愛関係があり、翔サイドでのししゃもの頑張りの印象が強かったため、主人公側の恋愛関係が半端だった気がします。もう少し麻理亜や朱里の掘り下げをして欲しかったところ。 続きを読む