発売日 2014年07月16日(水)

[Si新書]重火器の科学
戦場を制する火力の秘密に迫る

著者名:かのよしのり(著者)

¥1,200(税別)

ISBN:
978-4-7973-6964-9
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
240
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・かのよしのり

1950年生まれ。自衛隊霞ヶ浦航空学校出身。北部方面隊勤務後、武器補給処技術課研究班勤務。2004年定年退官。著書はサイエンス・アイ新書『銃の科学』『狙撃の科学』『重火器の科学』『拳銃の科学』『ミサイルの科学』『航空部隊の戦う技術』『歩兵の戦う技術』のほか、『鉄砲撃って100!』『スナイパー入門』(光人社)、『自衛隊89式小銃』『中国軍VS自衛隊』(並木書房)、『世界のGUNバイブル』(笠倉出版)など多数。

Twitter

Unable to load Tweets

重火器の科学"]
  • fseigojp

    これも戦争映画、戦争小説の理解に重宝します 続きを読む

  • 活字スキー

    前に読んだ『狙撃の科学』が結構おもしろかったので。元自衛官の著者が、兵隊さんがどのように戦うのかを具体的なアイテムを例に解説してくれるシリーズ、今回は銃以外のいわゆる大砲の類の他、手榴弾等の爆発物全般について。カラー写真やイラストと解説文が交互に並んでいるのでイメージしやすい。それでも、こんな本読むのはにわかミリタリ趣味のヌルオタに限ると思うけど。列車砲とかダイナマイト砲艦ヴェスヴィオスとかのバカ兵器……ネタとしては大好きだぜ? 続きを読む

  • 文章で飯を食う

    戦闘機、戦車、火器などは、命がかかっているので、工業製品として尖っていて面白い。面白がっていられるのも、平和だからこそだ。このあたりの矛盾も人間だからな。 続きを読む

すべてのレビューを読む