発売日 2012年05月15日(火)

優等生以上、フリョー未満な俺ら。3

著者名:初美陽一(著者) さくらねこ(イラスト)

¥590(税別)

ISBN:
978-4-7973-7001-0
サイズ:
文庫
ページ数:
248
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・初美陽一

イラスト・さくらねこ

Twitter

Unable to load Tweets

  • 委員長回、いや朱里回。かなりまっとうなラブコメ展開

    4.0
    ヤボ夫

    人の話を全く聞かない連中だらけのシリーズです第3弾。今回のメインヒロインはカバー絵でもお分かりになるように「ツッコミ委員長」こと朱里です…というか今回はこの「委員長」という属性がテーマになっています読んでびっくり、これまでになく真っ当な「ラブコメ」しているじゃないですか!朱里の中学時代の先輩というゲストキャラが出てくるのですが、彼女の口から語られる朱里の姿はここ最近キャラの崩壊が激しかった朱里のイメージを覆す「内気で、引っ込み思案」という奥手キャラでした朱里を中学時代のイメージでしか捉えられず、悠馬たちを変人扱いして「こんな人たちと付き合うなんて考えられない」と朱里の変化を認めようともせず引っ張りまわす先輩は「人の話を聞かない」連中ばかりの本シリーズの中でもちょっと別格の面倒くさいキャラでした。基本的に悪意が無いだけに余計にタチが悪いというか…シリーズ開始時点で悠馬に対する想いを抱えていた朱里が初めて「自称・不良」に出会い、彼に惹かれた理由が彼女の変化へと繋がった過去も明かされ、この辺は本シリーズでは珍しくラブコメの王道とも言うべき展開が描かれています。そして、悠馬を始め、彼を取り囲む「不良」仲間を非難する先輩に対して朱里が取った行動は…ただ「『委員長』じゃなく名前で呼んで欲しい」という小さな願いを賭けた夏の物語、王道過ぎるぐらい王道のラブコメを堪能させていただきました。サブキャラであるししゃも女さんと翔の関係も進んでますよ?

  • アマゾン野郎

    一応、朱里メインの回となっています。が、姫子がめちゃくちゃ可愛らしいんだけど。今までよりさらに甘えん坊になってスッゴくかわいかった…勿論、朱里メインなので充分可愛いけどwとにかく、1、2巻が楽しめたのなら大丈夫だと思う。ただ、モブキャラでちょっと読者をイラッとさせるのが居るけど、そこを気にせず読めるなら大丈夫でしょう。

すべての2レビューを表示

  • SSS

    相変わらず面白い!相変わらず姫子可愛い! 今巻は水着祭り!! さくらねこさんに拍手!! 舞という最高にウザイキャラが出てきましたが、委員長を掘り下げるためのモブキャラなのでもう出てこないでしょう。 ちょっといつもよりページ数が少ない気がします。 続巻早く!!! 続きを読む

  • コリ

    悪意が無いのはわかってても先輩がウザすぎてちょいちょいイライラ。だけど思った事は全部朱里がビシッと言ってくれたので胸がスカッとした。相変わらず主人公囲むハーレムよりも翔と萌のウブなやり取りの方がニヤニヤ出来る(笑)そして今回もイラストが素晴らしい。ていうかアデルさん、バスタオルから覗くそれはもしや乳り…いやなんでもないですすいません!(笑) 続きを読む

  • ふく

    舞先輩のウザさと言ったら…。今回は、朱里ちゃんが可愛くてかっこよかった!! 続きを読む

すべてのレビューを読む