発売日 2012年10月15日(月)

異能バトルは日常系のなかで 2

著者名:望 公太(著者) 029(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-7197-0
サイズ:
文庫
ページ数:
320
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・望 公太

イラスト・029

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

  • 素直に面白い

    4.0
    Amazonのお客様

    1,2とまとめて読んだ感想ですが。大量消費型エンターテイメント作品としてかなり上出来に仕上がってるんじゃないかと。疑問に思うのはこんなにキャラ多くなくてもよかったんじゃね、わざわざヒロイン最初からこんな多くしたり今日びのはやりくさく全員同じ部活とか押し込めなくてもよかったんじゃね、つかもういろんなものがベタベタすぎて、もうちょっとお約束バラしたほうが面白かったんじゃね……。とは思いますが。まあこんなのはイキオイなので、設定とかプロットで面倒にしたくなかったんでしょう。結果は当たりだった気がします。続きはまったく気になりませんが、読んでる間はとても面白かったです。

  • 厨二趣味は他人にホイホイ理解されちゃお終いだ

    4.0
    ヤボ夫

    メタなネタを使い捨てにせず作品のメインテーマに仕立て上げた厨二テイストてんこ盛りのシリーズ第二弾今回のヒロインは表紙を見て分かるように主人公・安藤の幼馴染・鳩子ですこの手の「おっとり系」ヒロインは他の派手なヒロインの中に埋もれがちで個性を活かすのが非常に難しいですし、特にこの作品の様に厨二趣味な異能物との相性は最悪だと思っていたのですが…お話の方は前巻の終盤で文芸部を襲撃して「異能を奪う異能」を見せた生徒会長・工藤さんが文芸部の部室を訪れ事もあろうか重度の厨二病患者・安藤に「お付き合い」を申し込む所から始まります。それも完全にデレモードで!原因は安藤の厨二テイストな手紙だったのですが、文芸部員全員の前で告った事で女子部員たちは気が気でなくなりますそして表に出さないだけで最もショックを受けていたのは安藤と家族同然の付き合いをつづけてきた鳩子でした今回、各章の冒頭は鳩子の一人称で安藤と鳩子の過去が語られるのですが、鳩子がどう受け止めるかも考えずに自分の厨二趣味を語ったり、好みの漫画やラノベを押しつけてきた中学までの安藤を何故鳩子が受け入れてきたかが少しずつ明かされます――同時に安藤に仄かな想いを抱きながら厨二趣味を理解できず安藤との関係に不安を持ち始めいく鳩子の姿も…そして周りの女の子が厨二をきっかけに自分以上に安藤に近付いたと感じた鳩子がキレた場面には驚かされました安藤に対してキレてしまった鳩子の悩みは前巻で謎の厨二論を語った桐生一が今回も独自の厨二論で解消されるのですが…「厨二趣味は聞いてもらわなければ虚しいだけだが、理解されたら他人との差別化の意味がなくなる。厨二趣味には『聴き手』が必要だ」という部分には「なるほど」と思わされました。相変わらずこの作品の厨二論は熱いw桐生が絡む作品のメインストーリーは今回もちょっぴりしか進みませんでしたが、鳩子を拉致しようとするなど結構物騒な動きを見せ始めます結局は事の真相も知らないままに奔走した文芸部員に解決されてしまうのですが…今回は部長の彩弓さんが頑張った!物語は異能バトルに進むのか?日常系でまったり行くのか?次巻以降も目が離せない展開になってまいりました

すべての2つのレビューを表示

  • 西郷レビュアーズ 裏オプVer.

    2巻も相変わらずの圧倒的厨二! すごく面白かったです。美玲会長ぶひいいいぃぃぃぃいいぃぃ!!!!! この作品の主人公は、よくある難聴系などと違って、いろいろなところに気が回って、しかしながら決して万能ではないところが魅力的であると思います。迷いながら、間違えながらも一歩づつ前に進んでいく姿は素直に共感できます。あと、コメディとシリアスの使い分けもメリハリがついていて疲れさせない構成になっているのは良いのではないでしょうか。一たちが不穏な動きを見せていましたが彼らが今後どのように絡んでいくのか楽しみですね。 続きを読む

  • Yobata

    新たな異能者として寿来達の前に現れた生徒会長の工藤さん。そんな彼女に能力名を名付けた手紙を出した所ラブレターと勘違いされ、更に受け入れられ告白されてしまう。それ以来幼馴染の鳩子の様子がおかしくなり…。今回は鳩子回。一番近しい間柄なのに理解しあえない一番遠い存在という複雑な二人にはやっぱややこしい出来事が待っていたか…。事の発端は工藤さんの告白騒ぎ。恋に暴走してしまった乙女、痛々しかった…wメアドとかどんだけ溺れてるんすかwイチャイチャしてる寿来に対する各メンバーの嫉妬対応良い感じだった。千冬ちゃんと→ 続きを読む

  • SPICA

    会長さんとのあれこれと、鳩子の暴走の話。会長さんが可愛すぎる。なぜ1巻で挿絵がなかったのか。あと寿来を奪われると思った千冬の行動も可愛い。後半では圧倒的ヒロイン力を見せつけた鳩子。もう女神だこの子。総じて1巻でイマイチだと思ったキャラの魅力が次々出てきてますが、やっぱ灯代が一番好きかな。原罪時刻やビンタのくだりなどニヤニヤが止まらない。いよいよラスボスっぽい桐生やまさかの相模など異能絡みのシリアスもありますが、アクセント程度でも異能シリアスを挟んでくれると日常が映えるので今くらいの割合で続けてほしいです。 続きを読む

すべてのレビューを読む