発売日 2013年03月19日(火)

「すぐやる!」コツ

著者名:西多 昌規(著者)

¥648(税別)

ISBN:
978-4-7973-7255-7
サイズ:
文庫
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・西多 昌規

西多昌規(にしだ・まさき)
精神科医・医学博士。自治医科大学・精神医学教室・講師。1970年石川県生まれ。1996年東京医科歯科大学卒業。ハーバード・メディカル・スクール研究員、東京医科歯科大学・学内講師などを経て、現職。日本精神神経学会専門医、睡眠医療認定医など、資格多数。企業産業医としての活動も行っている。著書に『「昨日の疲れ」が抜けなくなったら読む本』(大和書房)、『「器が小さい人」にならないための50の行動』(草思社)、『「テンパらない」技術』『「凹まない」技術』(以上、PHP文庫)、『人前であがらない技術』(中経出版)などがある。

Twitter

できるサラリーマンシリーズ

[すぐやるコツ]
✅まず手をつける、まずやってみる
✅『検討します』 は思考の放棄
✅すぐやったことによる成功を味わう

【物事をすぐやるコツ】
・やれない最大の理由を書き出す
・優先順位を決めず朝一にやる
・現状を手放す(強制的に場所や環境を変更する)
・危機感を優先する
・細かく小さな作業をまとめない(パッキングを避ける)
・大きすぎる目標を設定しない

Load More...
  • 新しくはない

    3.0
    maozoo

    特に新しい発見はなく、他の似たような本にも書かれていることが多かったように思います。でも文章が平易でとても読みやすかったです。

  • 2.0
    Amazon カスタマー

    やる気を出したくて読み始めたけど「やる気を出しても意味ないと思ってませんか?」から始まって個人的には欲しい内容が終始ずれているように感じました。習慣術も既知な内容ばかりでした。

  • Dr.Nishidaはすぐ仕事に取かかれないビジネスパースンに Nishidaノミクスを公開!

    5.0
    sono

    ざっくり言って、仕事のモチベーション・アップにも国の財政とおなじように、三本の矢つまり指針が必要と。Nishidaノミクスでは、第一に仕事が済んだあと、自分へのプレゼント。第二に睡眠。第三に運動が必要だそう。このどれ一つ欠けても、「すぐやる気分にはなれない」ようです。第一のプレゼントは一仕事終わった時の報酬。お財布と相談して、旅行でも、ホテルのラウンジでコーヒーでもOK。非日常の中で、自分を誉めることがキモだそう。これを週単位、季節単位でやれば効果抜群!第二の矢であるDr.Nishidaのフィールドの睡眠ですが、これこそまさしく「やる気の充電時間」とストレートに仰る。どうやってその睡眠時間を確保するかについては、夜のお散歩、ジム通い、朝の光(人工の光でも可)、短い昼寝, お風呂、などなど詳細にわたって、具体例を出しながら、「やる気を出すよう」に、読者をグイグイ引っ張ってゆく。ここで第三の矢の運動が重要になる。体を動かし、ほどほどに疲れて、ベッドで眠りにつくべし!がこの本のコアと呼べるかもしれない。要するに眠る時には、スッと入眠に入れる状態にもっていければ大成功。また、短いお昼寝でも疲れはかなりとれるという。現在、スタンフォード大に留学中で、同大は非常にシリアスに勉強することで有名である。とするなら、Dr.Nishidaはそこで、必死懸命に研究を続けているはず。猛勉をした後は、抜けるように青いカリフォルニアの空の下、ジャクジーにでも入って、夜は静かな眠りを享受していることでしょう。私もNishidaノミクスの3本の矢で、原稿がサクサクと書けるようになるかも!?

すべての7レビューを表示

  • ユズル

    恐らくこれ、再読だわ…(^^;))) そして所々に前の持ち主の蛍光ペンのライン付き。内容的にはウツの方がやる気を出すには…ということに終止書いており、元々の、性格的にやる気の無いものにやる気出す対処法でな無かった。睡眠多くとるのも、自分にごほうびも、とーーっくの昔にやってる。。。その病の方々には読みやすいとは思います。 続きを読む

  • 橘@お休み

    何事もギリギリになってしまうので手にした本です。わかりやすかったです。やる気を出すには、食事と睡眠と運動が重要。どれが不十分でも脳には悪影響のようです。生活をしっかり整えようと思わされました。わたしは不眠症なのですが、転職して勤務時間が長くなったら改善されました。適度に疲れたのが良かったのかな…。オンとオフも切り替えて、これからも生活します。 続きを読む

  • 魚京童!

    つぶされることは高いストレスを感じるものです。ストレスを避けようとする心理が働き、その人は積極的に何かを言い出すことに意味を見出せなくなっていきます。最後には、自分から何かを言い出すことそのものがデメリットになると考え、無難なことしか言い出さず、積極的に行動しない、やる気のない人が出来上がっていきます。←あるところでの私。改善したいんだけどなー。このストレスに対しての対処法は書いてありませんでした。だからクズ。まーソフトバンク文庫だし。しょうがないよね。疲れた。今日はもういいや。って思ってしまうことに…。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品

発売日2016年02月23日(火)

発売日2016年02月23日(火)

発売日2016年01月21日(木)