発売日 2013年09月18日(水)

脅迫(上)

著者名:ノア・ボイド(著者) 寶村 信二(訳)

¥700(税別)

ISBN:
978-4-7973-7270-0
サイズ:
文庫
ページ数:
296
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・ノア・ボイド

訳・寶村 信二

【著者】ノア・ボイド(Noah Boyd)
1943年米国生まれ。元FBI捜査官。二十年以上連邦捜査局に勤務し、『グリーンリバー・キラー』事件や『ハイランドパーク絞殺魔』事件といった難事件にも携わった経歴の持ち主である(後者の事件解決にも一役買っている)。自身の経験に基づいて、FBI捜査官を主人公とした作品を多数執筆。また執筆活動と併せて未解決事件の調査にも取り組んできた。
ノア・ボイドはポール・リンゼイの別名。ポール・リンゼイ名での著書としては『目的』『宿敵』『殺戮』(いずれも講談社文庫)等がある。2011年死去。

【訳者】寳村信二(たからむら しんじ)
1959年生まれ。京都大学大学院修士課程修了。建築設計事務所勤務を経て翻訳家として独立。訳書に『オーロラの魔獣』(L・チャイルド)。

Twitter

  • 路線の違うポールリンゼイ

    4.0
    mie

    ポールリンゼイの作品はすべて読んでいます。別名でのリリース作品と知らずに購入しました。FBI捜査官の話ですから、リンゼイらしさは十分にありますが、別名で出版する理由が読んでいてわかる気がしました。話の展開も、主人公の考え方や動き方も、実験的というか、無理に変えようとしているような不自然さを感じます。とはいえ、立派なページターナーです。面白くて、あっという間に読み終わりました。お勧めします。

  • 4.0
    アーバンゲリラ

    ポール・リンゼイの別名作家、ノア・ボイド著のサスペンス作品。ルバーコ・ペンダットを名乗る犯罪者から、ゲームを仕掛けられたFBI。ペンダットに翻弄され、金と人的な被害が出てしまう。元FBIの主人公ヴェイルに犯人逮捕の白羽の矢が立つが・・・。上巻は犯罪者にいいようにやられる当局という展開でもどかしいが、上巻の最後あたりから獰猛な敵が姿を現し、一気に展開が加速します。最初さえ耐えられれば、下巻も含めきっと楽しめると思います。結構おすすめの1作です。

  • レビュー対象商品: 脅迫(上) (SB文庫) (Kindle版)

    admantius

    なんと言ってもスピーディな展開で、どんどん読み進みたくなる小説です。FBIの組織自体の問題というか、アメリカの司法制度の問題もからめて、人間模様も面白いし、なんと言っても一匹狼の主人公が魅力的!上手すぎることには最新の注意と疑いを持ちながら狡猾な犯罪者と対峙し、出世のために嫌な上司に従うくらいなら、原題の『煉瓦職人』でいる方を選ぶ生き方に惹かれます。アメリカ社会の断面を見事に描いたこの作品の映画化が楽しみです。

すべての3レビューを表示

  • isfahan

    まさか出るとは思わなかった、ポール・リンゼイの新作。歓喜もつかの間、2011年に他界されたとのことを知る。出だしからアクションシーンで、度重なるトラップをくぐり抜けるスリリングなシーンの連続。これまでのリンゼイ作品は地道な捜査の話がかなりの部分を占めていたのでこういうマッチョな展開は意外。登場人物同士の小粋な会話はさすがポール・リンゼイという感じで楽しませてもらいました。なにこの相棒以上恋人未満なやきもきする関係は。 続きを読む

  • barabara

    字が大きくてびっくり。絶賛されている割には薄っぺらい印象。 続きを読む

  • はるまき

    いやぁ、老眼の読者に優しい組版だなー(棒読み)。ポール・リンゼイの別名義ってことをウリにするなら、別名義で上梓した経緯くらい、あとがきで触れて欲しいもんだ。 続きを読む

すべてのレビューを読む