発売日 2013年09月18日(水)

脅迫(下)

著者名:ノア・ボイド(著者) 寶村 信二(訳)

¥700(税別)

ISBN:
978-4-7973-7369-1
サイズ:
文庫
ページ数:
296
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・ノア・ボイド

訳・寶村 信二

【著者】ノア・ボイド(Noah Boyd)
1943年米国生まれ。元FBI捜査官。二十年以上連邦捜査局に勤務し、『グリーンリバー・キラー』事件や『ハイランドパーク絞殺魔』事件といった難事件にも携わった経歴の持ち主である(後者の事件解決にも一役買っている)。自身の経験に基づいて、FBI捜査官を主人公とした作品を多数執筆。また執筆活動と併せて未解決事件の調査にも取り組んできた。
ノア・ボイドはポール・リンゼイの別名。ポール・リンゼイ名での著書としては『目的』『宿敵』『殺戮』(いずれも講談社文庫)等がある。2011年死去。

【訳者】寳村信二(たからむら しんじ)
1959年生まれ。京都大学大学院修士課程修了。建築設計事務所勤務を経て翻訳家として独立。訳書に『オーロラの魔獣』(L・チャイルド)。

Twitter

  • ペグ

    軽すぎて疲れたわ〜。こんな感じ方も稀有な経験。主人公スティーヴ ヴェイルは優秀なので、ひどく困難な場面でもサクサク問題解決して先に進むし。水の上をひと撫でした感じの小説だった〜(~_~;) 続きを読む

  • barabara

    これは…既視感ありありの内容、字も大きすぎるし(すごく気になる)、上下巻にしないでかなり安ければ…まぁありかな… 続きを読む

  • ヒサヒサ

    ポール・リンゼイの作品とは一味違いますが、主人公はやはりかっこいい。別名で書く意味はよくわかりませんが次作を期待させます。残念ながらあと一作ですが。 続きを読む

すべてのレビューを読む