発売日 2015年10月16日(金)

[Si新書]F-15Jの科学
日本の防空を担う主力戦闘機の秘密

著者名:青木 謙知(著者)

¥1,000(税別)

ISBN:
978-4-7973-8079-8
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・青木 謙知

青木謙知(あおき・よしとも)
1954年12月、北海道札幌市生まれ。1977年3月、立教大学社会学部卒業。1984年1月、月刊『航空ジャーナル』編集長。1988年6月、フリーの航空・軍事ジャーナリストとなる。航空専門誌などへの寄稿だけでなく新聞、週刊誌、通信社などにも航空・軍事問題に関するコメントを寄せている。著書は『F-2の科学』『徹底検証! V-22オスプレイ』『ユーロファイター タイフーンの実力に迫る』『第5世代戦闘機F-35の凄さに迫る!』『自衛隊戦闘機はどれだけ強いのか?』『F-22はなぜ最強といわれるのか』(サイエンス・アイ新書)など多数。日本テレビ客員解説員。

赤塚 聡(あかつか・さとし)
1966年、岐阜県生まれ。航空自衛隊の第7航空団(百里基地)でF-15Jイーグルのパイロットとして勤務。現在は航空カメラマンとして航空専門誌などを中心に作品を発表するほか、執筆活動やDVDソフトの監修なども行っている。日本写真家協会(JPS)会員。おもな著書は『ドッグファイトの科学』『ブルーインパルスの科学』(サイエンス・アイ新書)、『航空自衛隊の翼 60th』(イカロス出版)。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

F-15Jの科学"]
  • 読みやすいです❗

    5.0
    ホッシー!

    機体以外の武器になどについても詳しくわかって知識が広まり良かったです。

  • 5.0
    六等星

    現在の航空自衛隊の顔ともなっているF-15J/DJの解説本です。基本的に見開き左ページが文章での解説、右が写真や図版とそのキャプションで構成されています。文章は丁寧で読みやすく、読了するのにそれほど時間は取られません。写真も素晴らしいものが豊富です(印刷のせいか妙なテカりがあるのは不満ですが)。私は飛行機の構造や開発史が好きで、運用や武装などはあまり興味が無いのですが、本書はそのあたりの解説も上手いので楽しく読めました。気になるところとしては構成がちぐはぐな所。第一章でいきなり武装や装備の解説から入ったかと思うと、次の章では開発経緯、日本への導入経緯などの大局的な解説が始まったりと視点が飛ぶように感じます。時系列に沿って解説する等の配慮があれば全体的に読みやすかったと思います。あと航空自衛隊と直接関係のないF-15Eに一章割いているのは本のタイトルからすると疑問を感じました。しかし値段、情報量、サイズとも「最初に読むF-15の本」に最適な一冊だと思います。お勧めです。(本書P100の「イリューシンIL-28”ブリュワー”」は「ヤコブレフYak-28”ブリュワー”」の間違いでしょうか…?)

  • 現代の名機の条件がわかります

    5.0
    kouchan

    F-14よりもF-15がえらばれたのは、F-14が高性能すぎてあまりにも値段が高かったためらしい。ようするに戦闘機とは自国の仮想敵国の航空機を確実に制圧できる性能があればよいのであって必要以上に高性能であっても使う機会もないままやがて時代遅れになって退役ではもったいないのだ。F-15が初飛行したのは1960年代のおわり頃らしいのでもう半世紀近くにもなる。ライセンス生産は高額にはなるが、技術をまるごと習得できる上、改良するのはこちらの勝手らしいのでF-15Jはレーダーやコンピュータ、ミサイルなどをコツコツと改良してまだ当分第一線で活躍するらしいこれこそ名機の証しであると思う。写真集といってもいいくらいの色々なカットの写真が多数掲載されています。お買い得。

すべての7レビューを表示

  • F4ふぁんとむ

    どうもこの叢書は軽い。ついつい買ってしまうのだが。 続きを読む

  • おっとぅ

    色々と詳しくは書かれているが、空力やGなどといった科学適な事柄は余り取り上げられていなかったのが残念。 続きを読む

  • たかひー

    ★★★ いままでどこかで読んで知っている情報が多く、あまり目新しい情報は無し。気軽に簡単に読めた。 続きを読む

すべてのレビューを読む