発売日 2016年07月16日(土)

[Si新書]F-4 ファントムIIの科学
40年を超えて最前線で活躍する名機の秘密

著者名:青木 謙知(著者)

¥1,000(税別)

ISBN:
978-4-7973-8242-6
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・青木 謙知

【著者】青木謙知(あおきよしとも)
1954年12月、北海道札幌市生まれ。1977年3月、立教大学社会学部卒業。1984年1月、月刊『航空ジャーナル』編集長。1988年6月、フリーの航空・軍事ジャーナリストとなる。航空専門誌などへの寄稿だけでなく新聞、週刊誌、通信社などにも航空・軍事問題に関するコメントを寄せている。著書は『F-15Jの科学』『F-2の科学』『徹底検証! V-22オスプレイ』『ユーロファイター タイフーンの実力に迫る』『第5世代戦闘機F-35の凄さに迫る!』『自衛隊戦闘機はどれだけ強いのか?』『F-22はなぜ最強といわれるのか』(サイエンス・アイ新書)など多数。日本テレビ客員解説員。

【カメラマン】赤塚 聡(あかつかさとし)
1966年、岐阜県生まれ。航空自衛隊の第7航空団(百里基地)でF-15Jイーグルのパイロットとして勤務。現在は航空カメラマンとして航空専門誌などを中心に作品を発表するほか、執筆活動や映像ソフトの監修なども行っている。日本写真家協会(JPS)会員。おもな著書は『ブルーインパルスの科学』『ドッグファイトの科学』(サイエンス・アイ新書)、『航空自衛隊の翼 60th』(イカロス出版)。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

F-4ファントムIIの科学"]
  • おさらいするにはコスパはいい本

    3.0
    栗原二尉

    F-4を知らない人や若い人は参考になると思います。私は高校生の時MIG25函館空港強行着陸事件以降に軍用機に興味を持ち始めた世代ですので、私より若い人やF15などの第3世代戦闘機以降しか知らない人には有益です。ただもう一度F4の開発経緯や戦歴をおさらいしたい人にもお手軽な価格の本と考えます。(兵器や、その他の装備の詳しい記述がないので調べないとわからない内容なのでご注意ください)

  • 5.0
    ゆうむ

     日本の空を守るために、航空自衛隊に採用されて飛び続け、2020年春に退役するF-4シリーズ。それを目前に、同機種に関する書籍の出版と流通が活況にあるようだ。雑誌は特集を組み、ムックも発刊されている。 そういうレビュアーも、その波にしっかりと乗ってしまっているひとり。かつては、ハセガワ製プラモデルを組み立てた経歴もあるし、史村翔原作・新谷かおる作画のマンガ「ファントム無頼」は、現在でも書棚の一画を占めている。 本書を購入したのも、入手できるうちに、ということが大きい。内容的には、F-4誕生から、EJが空自に採用され、退役を迎えるまでの、経緯が技術情報も含めて、わかりやすくまとめられていて、私見ではあるが、良書だと思う。

  • もうすぐ還暦

    5.0
    kouchan

    初飛行が1958年とゆうことなのでもうすぐ還暦である。子供のころファントムは嫌いでした。70年代の特撮ドラマで真っ先に怪獣や宇宙人に撃墜されるのがファントムだったからだ。ファントム=役立たずとゆう構図が刷り込まれた。それがマンガの「ファントム無頼」などでやっとイメージが変わった。F-4EJは外国に脅威をあたえず専守防衛に徹するために性能をあえて落としている。外国の脅威だらけの現在とはえらい違いだ。F-4EJ改はコンピユータの性能向上、対地対艦攻撃能力の付与、ヘッドアップデイスプレイの採用など改良がはかられている。いまだに現役なのは驚異的である。F-35の導入が進めば退役となるだろう。なにより写真が美しい。お値段的にもお買い得。余談になるが後席からでも操縦可能だそうだが写真をみると前方視界はそうとう悪そうだ。これで操縦可能なのですか?どなたか教えてください。

すべての5レビューを表示

  • F4ふぁんとむ

    相変わらずこの叢書は読み応えがない。執筆は青木さんなのにねぇ。でもファントム大好きだから許す。 続きを読む

  • ちゃーりー

    ファントムといえば、「いらない何も 捨ててしまおう♪」でも、ミュージカルでもない。複座、双発エンジン、尾翼が特徴的な戦闘機、F-4 ファントムⅡです。その戦闘機としてのフォルム、とてもカッコいいですよね!多彩な写真とともに、青木 謙知の素晴らしい解説が付いています。ちなみに、ファントムⅡというからには、初代もあった訳で、マクダネル FHといいます(知りませんでした)。 続きを読む

  • たかひー

    ★★★★ これだけ世界各国で長きにわたって使用された飛行機なので、倍くらいのページ数でもいいかも。もう少し機体の構造やエンジンに関する記述があってもいいと思ったが、好きなだけに楽しく読んだ。 続きを読む

すべてのレビューを読む