発売日 2019年09月21日(土)

書けば叶う

著者名:羽賀 ヒカル(著者)

¥1,500(税別)

ISBN:
978-4-8156-0258-1
サイズ:
46判
ページ数:
312
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・羽賀 ヒカル

占術家。神道家。1983年、京都府生まれ。 大阪府立大学卒業。普通の高校生として過ごしていた15歳のある日、「北極老人(ほっきょくろうじん)」に出会い、占いの道に入る。9つの流派を極め、5万件以上の鑑定歴を持つ北極老人から「北極流」を受け継ぎ、高校生ながら生年月日、手相、風水、方位、姓名判断などのさまざまな占いをマスター。また同時に、日本各地の神社の秘密を口伝によって、のべ数千時間にわたって学ぶ。神秘体験は数知れず。 大学生時代から本格的に、人生相談(出会い、恋愛、結婚、夫婦関係、命名、子育て、就職、転職、人間関係、引っ越し、お金……などの悩み)に乗り、3000人以上を開運へと導く。大学卒業後は、北極老人の一門によって設立されたグレイトティーチャー株式会社の占い師として活動。噂が噂を呼び、優良企業の経営者、有名コンサルタント、ベストセラー作家、セミナー講師、占い師、ヒーラーなどの著名人も、お忍びで通うようになる。特に、占いや精神世界に深く精通している人ほど、北極流の奥深さに驚嘆。 現在は、占い鑑定やセミナーをおこないながら、神社の秘密を学んでからお参りする「神社参拝セミナー」も開催。大学生からご年配の方、参拝初心者から神社仏閣好きまで幅広い方が参加している。その中には、どん底から一転、奇跡的な転職を果たし、天職ともいえるような理想の仕事にめぐり会えた男性、わずか1ヶ月で運命の人と出会って電撃結婚した女性(現在は海外在住)、大手企業でベテラン営業マンを追い抜いて、営業成績全国1位になった新人社員、離婚寸前から家庭円満に、そして会社崩壊直前から社員とお客様から愛される会社へと生まれ変わった経営者など、神社参拝によって人生が大きく変わった人たちが続出している。 主な著書に『不思議と自分のまわりにいいことが次々に起こる神社ノート』『龍の神様と出会うたったひとつの方法』(共にSB クリエイティブ)、『たった1日の参拝で人生が変わる! 六龍が導く神社ガイド』(主婦と生活社)などがある。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

  • 自分の中に、あたたかみが自然と満ちてくる本

    5.0
    タカくん

    Amazonで予約したものが本日届きました。内容を見て、驚愕しました。特に第1章の、羽賀さんと羽賀さんのお師匠さんとの対話のすごさときたら・・・。「こんなすごい人が世の中にいるのか・・・」と、ただただぼうぜんとしていました。先ほど読み終えましたが、自然と心があたたかみで満たされ、前向きな気持ちが出てきました。この本にはところどころに、ワーク形式で自分の願いを書き込むページがあるのですが、最初の方に書いた願いと、最後の方に書いた願いを見てみると、一目瞭然‼︎全く願いが変わっていました。「あーー、自分はこんなことは望んでいなかったんだなぁ・・・」と自分の未熟さを知ると同時に、たった1冊でそれに気づかせてくれるこの本はほんとうに素晴らしいなぁと思いました。是非とも手に取って見てください‼︎時間がない人は第1章だけでも是非(*'ω`*)

  • 5.0
    YJ0928

    改訂版前のドラゴンノートから愛読しています。本書には、願望は手放すことで叶う、とあります。ドラゴンノートに書いて、その後1年半、放置していました。1年後に、友人とドラゴンノートの話題になって、内容を一緒に見たら、びっくり。全部叶っていたんです。◯◯で働きたい、お金の心配を無くしたい、◯◯がうまくいきますように・・・。確かに、ここ2、3年で劇的に生活環境も何もかも変わってました。なので、今回、早速購入して一気に読みました。私の稚拙な表現力ではとても言語化できないのですが、願いを叶えるのは当然として、人間的に成長できる本になっていると思います。ボロボロになるまで読み続けたい本です。

  • コーチングとロゴマークの本

    1.0
    Amazonカスタマー

    この書籍はコーチングとロゴマークの本でした。しかしコーチングとしてはいまいち。例えばネガティブな思い出をノートに書くところがあります。これはトラウマを強化してしまうことになり危険。また例えば未来の目標をノートに書くところがあります。これは目的がhave toとなってしまうのでやらない方がいい。ロゴマークは深見東州著『強運』に類似しています。ロゴマークは信じるか信じないかなのですが、良い印象はなかった。

すべての47レビューを表示

  • hide

    ★☆☆☆☆タイトルにやられました。表紙も含めて全篇それなりに神秘的なイメージに作られていてクオリティ高いです。俗っぽい自分にはいまいち合わない。独特な言葉、言い回しは参考にさせていただきます。 続きを読む

  • KAORU SUZUKI

    記入しながら読みました。光に導かれるように頑張りたいと思います。 続きを読む

すべてのレビューを読む