発売日 2019年12月18日(水)

僕は、死なない。
全身末期がんから生還してわかった人生に奇跡を起こすサレンダーの法則

著者名:刀根 健(著者)

¥1,500(税別)

ISBN:
978-4-8156-0271-0
サイズ:
46判
ページ数:
368
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・刀根 健

刀根 健(とね・たけし) 1966年、千葉県出身。OFFICE LEELA(オフィス リーラ)代表。東京電機大学理工学部卒業後、大手商社を経て、教育系企業に。心理カウンセリングの資格取得コースの開発や人事部門での教育・研修・制度開発を担当する。その後、人事制度改革や風土改革等のコンサルティング、企業や病院におけるコミュニケーションやリーダーシップ研修を通じて2万人以上に指導するなど、人気講師として活躍する。また、ボクシングジムのトレーナーとしてもプロボクサーの指導・育成を行ない、3名の日本ランカーを育てる。 2016年9月1日に肺がん(ステージ4)が発覚。翌年6月に新たに脳転移が見つかり、医師から「いつ呼吸が止まってもおかしくない」と告げられる。さらに精密検査で、両眼、左右の肺、肺から首のリンパ、肝臓、左右の腎臓、脾臓、全身の骨に転移が見つかるが、その絶望的な状況の中である神秘的な体験をする。その神秘体験後、1カ月の入院を経て奇跡的に回復。2017年7月末の診察でがんはほとんど消失していた。現在は、がんからの壮絶な生還体験で得た気づきを講演や執筆などを通じて分かち合う活動を行なっている。

Twitter

社会「働けクズ」
僕「じゃあ働く」
企業「クズは働かせません」
僕「じゃあ死ぬ」
社会「自殺はやめよう」
僕「じゃあ死なない」
社会「でもクズは生きてる価値ない」
僕「もう死ぬ」
両親「お願い死なないでちゃんと働いて」
僕「じゃあ働く」
企業「クズは働かせません」
僕「」

向かい風の中で戦って何を見て来たの? 憧れは僕を待ち続けている まだ何も諦めちゃいないって叫べるならば 夢、夢は死なない。(夢は死なない)

録de無死!
周年一日目終了したで!

あき&あきな死んでて
げどこと僕残った!

げどこは何回か沈没してたけど
僕はやりきったぞ!
乗り切った!
今年も死なないスタッフやるから!

今日は乾杯&シャンパン
大量にありがとうございました!
圧倒的感謝…!

2日目はうゆたん、うみ、勝龍
よろしくッ!

Load More...
  • スピ、引きよせ、代替、免疫医療に興味がある人に読んでほしい!

    5.0
    味噌ラーメン♬

    全身末期がんが治るすごい方法なら、なぜ学会やテレビや新聞では、取り上げられないのでしょう? ノーベル賞ものの大発見ですよね。治ると確信していたなら、YouTube で、かかってから治るまでの過程を動画配信して欲しかったです。せめてご本人の具合が悪い時期の写真と元気になってからの写真を見てみたいです。治療や診察に関わられたお医者さんの証言も聞いてみたいです。本当に実話なのか、自己啓発系の物語なのか、わからなくてすごくモヤモヤします。昔、作家の五木寛之さんが、うつ病を克服されたとき、良さそうなものは手当たり次第に実践したので、どれが効いたかわからないけど、結果良ければ全て良しみたいなことを言っていましたが、それと同じような内容でした。一番効果があったのは、奇門遁甲という謎のおまじないの儀式ではないでしょうか? そのおまじないと引き寄せの法則で、パラレル現実につながり、わずか4%しかいない、アレセンサという分子標的薬が使えるタイプの肺腺がんという結果を引き当てたということのようです。7割の確率で願いが叶うという奇門遁甲というおまじない、やってもらいたいです。でも過去生とか魂の計画とかソウルメイトとかホオポノポノとか、もういいです。優しい家族、立派な二人の息子さん、大勢の友人恩人に恵まれた、とても運が良くて幸せな人の、魂の成長物語。がんの画期的な治療法の話ではありませんでした。限られた人しか見てもらえない知る人ぞ知るヒーラーとか、手当て療法とか、奇門遁甲とか、著者の長年の自己啓発系業界のコネクションだからこそで、一般のがん患者がすぐ利用できるものは、ほとんどありません。ゆだねること(サレンダー)、怒りや悲しみを手放すことで、ポリヴェーガル理論で言うところの、自律神経系のコントロールセンターである背側迷走神経複合体というピンポン玉くらいの神経組織の過剰活性がおさまり、交感神経と副交感神経のバランスが整い、自己治癒モードになった、というのは、一つ考えられます。ほかの代替医療、CBD、αリポ酸点滴、グルタチオン点滴、マイヤーズカクテル、キレーション治療なども試してもらいたかったです。急激な体重減少と症状の悪化は、玄米菜食のせいだと思います。

  • 3.0
    白龍

    最初は引きずられて読み進めたが、途中から何を伝えたいのかがわからなくなってしまった。食事療法でも悪化するだけで、全身に散った癌細胞に分子標的剤が効いて完全寛解したという。その分子標的剤を賛美する本なのか?癌になってすがる思いで読んでも結局は現代医学に任せるしかないという投げやりな結果・・・。パラダイムシフトにはならなかった。残念!

  • 伝えたいことは何なのか?

    3.0
    Amazon カスタマー

すべての16レビューを表示

  • ひろみ

    「科学者」はこの本の内容を否定するのだろうか。分子標的薬が全てを救った、と言うのだろうか。こんなに劇的、壮絶な状況ではなかったけれど、私も同じ道を歩むことができたことを今も嬉しく思っている。書かれていた「病気の原因」の4つに完全にアグリーです。この過程を1人で辿ることはとても難しく、これを経るための伴奏者を得られるかどうかが治癒のキーになると思っています。刀根さん素晴らしい。 続きを読む

  • totoroemon

    皆がこのように完治してくれればよいのですが 続きを読む

すべてのレビューを読む