SB新書
会話のしくじり
会話のしくじり
失敗から学ぶ「後悔の会話学」
SB新書シリーズ

梶原 しげる 著
ISBN
978-4-7973-8763-6
サイズ
新書/1色
ページ数
224
価格
800円+税
出版日
2016/08/06
電子版を購入
試読版
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


反面教師の会話学!


誰にもある「あの時、ああ話していればなぁ」の体験。

その話し方、実は間違ってますよ!

会話は、失敗から学ぶか、達人から学ぶか、そのどちらかしかない!

ある者は会話の失敗経験から学び、ある者は会話巧者の話し方から学ぶ。

私も含め、しくじり君たちの会話を〈反面教師〉として学んでください!

「あっ、それいい話し方だね」と感じたものについては、「その話し方、いただきます!」

はじめに なぜ「ひと言多い!」は生まれるのか? ~心理学でみた余計なひと言

■目次:
第1章 誰にもあるある「失敗、後悔のひと言」を反面教師に
第2章 話し方ひとつで自分の株を落とす理由がわかっていますか――話し方で人はしく じる、損をする
第3章 話し上手と思う人は、余計なひと言により注意しなさい――しゃべりのプロにもある落とし穴
第4章 品位を疑われる日本語、感心させられる日本語――あなたの日本語はどっち?
第5章 発展編:そのひと言、オキテ破りだけどなぜかいい!


梶原しげる(かじわら・しげる)
早稲田大学法学部卒業。文化放送に入社してアナウンサーとなり、92年からフリー。司会業を中心に活躍中。東京成徳大学客員教授(心理学修士)、日本語検定審議委員。


SB新書

ISBNで検索
4-7973--X 

















企業情報 個人情報について