SB新書
男子の作法
男子の作法
SB新書シリーズ

弘兼 憲史 著
ISBN
978-4-7973-8906-7
サイズ
新書/1色
ページ数
184
価格
800円+税
出版日
2017/01/06
電子版を購入
試読版
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


自分を磨く、粋な生き方


かつて池波正太郎が綴った『男の作法』では、"男の粋"が綴られた。

美食家として知られる作家は、「てんぷら屋に行くときは、腹をすかして行って、
親の敵にでも会ったように揚げるそばからかぶりつくようにして食べなきゃ」などと、
ある種の清々しさをもって男の粋を教えてくれたのだった。

翻って今、あの時代の粋は鳴りを潜め、
長らくの不況期とともに草食男子などと称されるほど、無粋な男たちにあふれてしまった。

「暴走老人」と揶揄されるほど、社会経験を積んだはずの中高年もご多分にもれず……。

世の男は人生を見据えて、“大人の粋"を取り戻すときだ。

島耕作シリーズなど数々のヒット作で男の生き様を世に放ってきた著者が70歳になる今、
これまで歩んできた人生を踏まえて、、粋な男のふるまいを綴る。

今の自分から逃げるか、誤魔化すか、それともやり遂げるか?
この1冊で生き方が変わる。


弘兼 憲史(ひろかね けんし)
1947 年山口県生まれ。
早稲田大学法学部卒業後、松下電器産業(現パナソニック)勤務を経たのち、1974 年に『風薫る』で漫画家デビュー。
『人間交差点』で小学館漫画賞、『課長島耕作』で講談社漫画賞、『黄昏流星群』で文化庁メディア芸術祭優秀賞と日本漫画家協会賞大賞を受賞。2007 年には柴綬褒章を受章。


SB新書

ISBNで検索
4-7973--X 















企業情報 個人情報について