発売日 2005年09月28日(水)

素顔のアジア

著者名:三井昌志(著者)

¥1,600(税別)

ISBN:
4-7973-3218-2
サイズ:
F9728CB7-743E-4D0D-B674-F9F0B790A7AC
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・三井昌志

本書『素顔のアジア』は、タイトルに表されているとおり、アジアを旅した著者がそれぞれの土地で出会った風景、人、生活を写真に収め、その出会いを通じて感じた思いを文章にまとめたフォト&ドキュメントです。著者の三井昌志氏は、初めての著書『アジアの瞳』(スリーエーネットワーク刊)が写真集としては異例のヒットとなっています。その後も旅を続け、多数の写真と共に彼自身の経験や気持ちを素直に綴ったものが本書です。今回の舞台は、スリランカ沖大地震による津波後のスリランカとインドネシア、内戦終結後のアフガニスタン、かつてであった少女との再会を果たしたネパール。決して豊とは言えない環境の中で、力強く生きる人々のありのままの姿が瑞々しく描き出されています。また、彼のライフワークであり、前書でも多く掲載されたそれぞれの国で出会った美少女の写真も多数収録。飾り立てた美しさではとうてい表せない、自然な美しさをたたえた少女たちの表情もみどころです。私たちが忘れてしまったもの、何かと引き換えに失ってしまったものが、この本の中にはあります。

Twitter

Unable to load Tweets

  • けんとまん1007

    どうしてなんだろう?と、いつも思うことがある。それは、子どもたちの瞳の違い。生きる力の違いなのかもしれない。家族の中での役割の違いなのかもしれない。豊かさとは何かにも通じるものがある。物の豊かさ、心の豊かさ、時間の豊かさ・・・。子どもたちに限らず、大人の表情も違うように感じてしまうのは、何故だろう。これは、同じ、この国の中でも言えることだとも思っている。そこに、明日への希望を見出してもいる。 続きを読む

  • yazawa

    出版社からのコメント アジアを旅した著者がそれぞれの土地で出会った風景、人、生活を写真に収め、その出会いを通じて感じた思いを文章 にまとめたフォト&ドキュメントです。今回の舞台は、スリランカ沖大地震による津波後のスリランカとインドネシア、内戦終結後のアフガニスタン、かつてであった少女との再会を果たしたネパール。決して豊とは言えない環境の中で、力強く生きる人々のありのままの姿が瑞々しく描き出されています。 続きを読む

  • ぐだぐだ

    環境が人を作るのか。それにしたっていい笑顔。 続きを読む

すべてのレビューを読む