発売日 2007年01月15日(月)

ボクの紫苑

著者名:本田 透(著者) 百瀬寿(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-3644-3
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
328
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・本田 透

イラスト・百瀬寿

Twitter

Unable to load Tweets

  • 萌えもバトルも及第点

    5.0
    Amazon Customer

    文章のレベルもさすがに多くの作品を手がけているだけあって高く、サクサク読めます。かといって設定に凝っていないかといえばそうではなく、サービス精神が旺盛すぎるのではと思うような背景設定も満載です。薀蓄が嫌いな人は読み飛ばしても問題ありません。ヒロイン(?)の紫苑の描写や、主人公とのやりとりもツボを押さえています。「ボクデレ小説」のコピー(?)は伊達ではないようです。この類の「萌え」を理解できる人なら、この小説は「買い」でしょう。残念なのは挿絵イラストが表紙に比べて数段落ちるくらいか。まあ、これは筆者の過誤ではないので、星はそのまま五つ。

  • 5.0
    本の虫

    現代日本を舞台にした、中世フランスのある人物をモチーフにした剣と魔法のアクションならびにラブコメ、という小説です。表紙写真を見ると誤解してしまうのですが、BLではありません。心理学的要素、歴史的要素をバランスよく詰め込み、設定自体はとても良くできています。ただ、いろいろな設定を一冊に詰め込んだため、サブキャラクターを十分に生かし切れていない点、また時折「こんな設定あったっけ?」という唐突さを受けました。逆に言えば二巻以降でこれらの設定が生きてくるものと期待しております。あまりいうとネタバレになるのですが、ボクっ娘好きにはおすすめできます。

すべての2レビューを表示

  • 初美

    ボクデレっ子かわいい! 続きを読む

  • すがし

    この人の話は理が勝ちすぎる。とはいえ「きみの前でだけ女の子になってあげる」という、曰く「僕デレ」の破壊力はなかなか。著者の思想はともかくラノベとしては十分及第点だったと思うが、なぜかほとんど知られていない。やっぱり「男装のヒロイン」がイマイチ…? 為念。男の子として出てくるヒロインが女の子だと書いてしまっているのは「ネタバレ」じゃないですよ。あとがきで作者自身が「表紙でBLものだと勘違いされると困る!」と言っています。ラノベでありながら、どうもこの「絵」のせいでだいぶ損をしている作品に思えるのだが……。 続きを読む

  • Hail2U

    円卓生徒会といい、この人の歴史&神話知識はかなりのもの。今回はジャンヌ=ダルクとジル=ド=レの歴史が背景にあった、異能風味のラブコメ。話が安定してるし、新しい属性に挑戦しているところが好印象。7/10点 安定の品質。不満な点は中身の絵。表紙以外は完全に手抜きだと素人目にもわかる。大体、ヒロインは金髪なのに、何で髪の毛黒いんだっつーの。内容が悪くないだけにそこが気になった。作者は怒っていいレベル。 続きを読む

すべてのレビューを読む