発売日 2007年05月16日(水)

サイエンス夜話 不思議な科学の世界を語り明かす

著者名:竹内 薫・原田 章夫(著者)

¥952(税別)

ISBN:
978-4-7973-3921-5
サイズ:
905F5FED-53B5-4103-AC19-201262D278C8
ページ数:
288
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・竹内 薫・原田 章夫

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 科学を対話形式で分かりやすく解説

    4.0
    aqua

    「たけしのコマネチ大学数学科」や「NEWS ZERO」などでおなじみの竹内薫さんの科学、物理の入門書。対話形式で説明していくという珍しい内容です。社会人になってからすっかり科学には無縁でしが、超ひも理論や統一理論といった言葉だけ聞いたことがあるものが分かりやすく解説されていました。昔は科学が好きだったけれど、最近はすっかりご無沙汰という人や、文系の人がとりあえず最新科学の情報を得るにはぴったりの内容だと思います。

  • 科学は苦手というひとに

    5.0
    ブツリッチャオ

    物理学って、理解するより先に気持ちが萎えてしまう様な感覚があるのだが、少しでも理解したいものだと過去に何冊か挑戦してみた。でも、やっぱり根本のところでおなかがよじれるような感覚が残ってしまう。ところが、この本はそこのところを解消してくれる。文系人間が質問して理系人間が答えるという形式が、まずとっつきやすい。でも、???が湧いてくるのだが、そこにもっと普通のひとのぼやきが入るから「うん、そうそう、そこがわからないのよ」「どうして、そういう話になるの」と妙に安心したりする。アインシュタインの相対性理論とピカソのキュビズムが、実は同じ理論で同じ時期に出てきたなんて話は、普通の頭の人間には実におもしろい。結局宇宙のほとんどがまだわかっていない、なんてさらっと言ってのけちゃう辺りが、物理学の垣根を低くして更なる興味をかきたててくれる優れた入門書だと思う。

  • 内容は非常に面白いのだが

    3.0
    ローリングサンダー

    自分は自他共に認める文系人間だが竹内氏の科学解説書には大いに感銘を受けてきた。茂木健一郎氏との共著も読みごたえ充分であった。ファンの間で隠れた傑作として語り継がれている『シュレディンガーの哲学する猫』等、冒険的な企画も多く常に読者を刺激する良書を出してみえられた。原田氏との共著は以前にも宮沢賢治を題材にした『時空の旅人』があり文系と理系の垣根を越えた意欲作であった。今回も大いに期待して本書を手に取った。「文系」原田氏の素朴な疑問がいちいち頷かせる。「理/文系」の視点から解きほぐす竹内氏との掛け合いも楽しい。内容も素粒子から宇宙論と非常に多岐にわたり期待を裏切らないものであった。科学オンチの方々にこそ是非一読をお勧めする。残念に思われるのは、何故両氏の対談を更に小説もどきに仕立てたのかその必然性が感じられない。原田氏はコピーライターであられる由。ならば尚更、第三者が加筆せねばならなかった理由が解せないのである。その点が非常に残念であり星を2つ下げた評価となった。本書に限らず最近の氏の著書は御夫人が執筆参加されている事が目に付く。これには非常に理解に苦しむ。自分も含め読者は竹内先生の著作を求めて本を買うのである。蓋を開けてみれば与り知れぬ素人の文章ばかりでは読者はたまったものではない。何より以前のように自由闊達で伸び伸びとした氏自身の言葉がストレートに伝わってこず、別人の感性で再構築された窮屈な世界を押しつけられている気分が拭えないのである。本書も含め、最近の氏は出版活動の第一義をどこに置いておられるのか。読者の事なぞ二の次で御自分の細君を作家として売出そうという目論見ばかりが透けて見える、と言っては穿ち過ぎであろうか。読者は敏感である。長年氏を愛読し、分野は違えど編集に携わってきた身としてやる方なく厳しい苦言を呈した。全て邪な己の憶測であることを願うばかりであり、次回作へと希望を繋ぎたい。本作は以上の問題点を差し引いても大いに一読に値するものである。

すべての3つのレビューを表示

  • BB@読書~感想・作成中~

    即決して買ったほど気に入った本。理系・文系かそんな枠を超えて融合した錯覚を覚えた。飲み屋で話すというシチュエーションもほのぼのして楽しい。こんな風に誰かに科学の話ができたらと憧れている。 続きを読む

  • ラーテル

    おじさん(編集長)がおまけについてくるが、面白い本というのが正直な感想だ。 ひとつひとつの話が面白く、物理の知識がさほどなくても楽しめるものだった。ただ、編集長がお話にかまない傍観者ポジションにも関わらず、進行や補足をしてくれるけでもなくただただ邪魔なおっさんだった。 数式を詩にたとえるところや、藪の中を相対性理論に例えるところはおもしろい。文系が楽しめる内容でもあった。 3話あたりから引き込まれて一気に読んだ。 続きを読む

  • とこやき

    物理の基礎を生の対話+筆者のつっこみで解説する本。生物系の自分にとっては結構新鮮な話が多くてためになる内容であった。時々書かれる筆者の小言がテンポよくて中々飽きないように仕上がっていた。 続きを読む

すべてのレビューを読む