発売日 2007年09月18日(火)

始まりの科学
宇宙、銀河、太陽系、種、生命、そして人類まで

著者名:矢沢サイエンスオフィス(著者)

¥952(税別)

ISBN:
978-4-7973-3929-1
サイズ:
2919B434-48F3-4296-90A8-9F65386C1846
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・矢沢サイエンスオフィス

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • 楽しいほんの内容にわくわくしました。

    5.0
    ちゃん

    子供の頃にこうした本をもっと読みたかったです!科学って楽しいですね!

  • 4.0
    なかやん

    私たちはどこから来て、どこへ行くのか。そして、世界やこの広い星空の始まりは。太古から人が抱き、挑戦し続けてきた疑問だ。この本の目的と内容は、「はじめに」の中にまさに的確に、そして簡潔に現されている。 どのテーマも根源的かつ本質的であるから、 いまだそれらの疑問が完全に解明されたと はいえず、また自然はそれを容易に許すほど 安直でもない。  〜中略〜 本書に描かれた“始まりの科学”は、人間の 知性と科学の歴史の現在の到達点といってもよい。本書は大きく「宇宙」と「生命」の2部で構成され、銀河や時間、生命や人間と3〜4章に分かれている。それぞれのテーマに基づき、現在科学の最新状況をフルカラー!の図表を多用して解説している。自分という存在、世界という広がりに思いを馳せる、手軽に読めて、幅広い知識が得られる理系本。

  • フルカラーには驚き!

    4.0
    アッシュ

     新書ということで、文章中心かと思っていたが、古今東西の科学者や宇宙、生物の写真やイラストがふんだんに盛り込まれており、楽しみながら読み進めることができた。これなら1000円という価格にも納得できる。 それぞれの始まりが、これまでどのような形で理論展開されてきたかを歴史とともに把握することができるので、科学の入門書としても楽しく読めた。

すべての6レビューを表示

  • くろほ

    「宇宙」「時間」「生命」「種」など、7つのテーマの起源に現代科学がどれだけ迫っているか紹介する本。広く浅くではあるが、充分夜眠れなくなるレベル。とくに宇宙や生命の始まりは想像することも難しい。生命の原点は結晶の成長・分離だったとか全然実感できないし…。僕の中二、否、少年心が刺激されてやまなかった。こういう本好き過ぎ。 続きを読む

  • 銀獅子王の憂鬱

    まずは広く、浅く知識を得れる導入本。宇宙、生命の神秘や、その発見の歴史に興味があれば是非、読んでみるべき 続きを読む

  • あなあき

    「宇宙、銀河、太陽系、時間、生命、種、人類、その始まりにズバリ迫る!」というサブタイ通りの内容……なんだけど、ぶっちゃけ「わかってないこと」が多すぎて、どの始まりも解き明かされず終い。もちろんソレは本書の責任ではなくて、人間の科学的知識なんて現時点ではソノ程度のものだってことなんだけどね。つまりは、それぞれのテーマについて「どこまで解明されたか?」「どんな議論があるのか?」を、自分みたいな文系人間にもわかりやすく説明してある。科学者らしく、わからないことはわからないと、キッチリ書いてあるので好感が持てた。 続きを読む

すべてのレビューを読む