発売日 2008年05月26日(月)

解きながら学ぶJava 入門編

著者名:柴田 望洋、由梨 かおる(著者) 柴田 望洋(監修)

¥2,400(税別)

ISBN:
978-4-7973-3954-3
サイズ:
28D2349A-6F6A-46A1-A52D-2269DF4E8A68
ページ数:
544
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・柴田 望洋、由梨 かおる

監修・柴田 望洋

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • ぼーよースタイルは大変評価できるのだが・・・

    4.0
    neo

    例題と演習重視という豊富なプログラム掲載・作成問題はさすが望洋スタイルといったところで、いわゆる文法書とは一線を画し、「習うより慣れろ」志向は大変評価できる。なので・・・望洋さん、お願いですから、せめて〜「例外処理」「スレッド」「ファイル処理」だけは追加してください。もう少し実用性を追求してほしいかな、と。「コレクション」「ジェネリクス」「入れ子クラス」も掲載されてはいないけど、学習優先度から判断してこれらは別にいいとしても・・・最初の3つを加えた改訂版を強く切望します。望洋さん、お願いします。

  • 「明解Java入門編」の演習問題の回答を見るだけの本

    1.0
    金融機関の落ちこぼれ

    この本の評価は読者が「JavaSEでプログラミングを覚えるのが目的」か「現場で通用するWeb技術者に出来るだけ早くなりたい」で分かれるのだと思います。自分は後者なのでその立場で投稿します。他の方も書かれていますが「明解Java入門編の演習問題」はアルゴリズムが難解で初心者が独習で回答するには困難です。自分も断念組みです。どうしても「明解Java入門編」と「解きながら学ぶJava入門編」はセットで購入することになります。逆に言えばこの本の存在理由はそれだけで、「明解Javaの演習問題の回答が作者のHP上で公開」されればこの本を購入する必要はありません。勉強する時間がたっぷりあり「JavaSEでプログラミングを覚えるのが目的」の方ならばこの本に記載されている多くの問題を解くことは意味があるのかもしれませんが、「現場で通用するWeb技術者になる」のでしたら勉強することはまだ沢山ありどんどん先に進むべきです。この本に記載されている問題はあくまでもJavaの入口であり、このレベルで時間をかけるのは無駄です。「明解Javaはあくまでも初心者向け」で本書は「初中級の人がオブジェクト指向の考え方やデザインパターン学ぶ本」ならば存在意義はあるのでしょうが、本書に書かれているレベルは明解Java入門編と同じです。現場で通用するweb技術者を目指しているのならばMVCモデルでのプログラミングまで行かないと意味がありません。このレベルで足踏みをせずにどんどん前に進むことをお勧めします。ともかくこの本は「明解Java入門編とのセット販売のような本」なので、作者への抗議もこめて★1つにします。

  • 入門編のあとに使います

    5.0
    春夏秋冬

    これは重量級の問題集です。ちゃんと解答が載っているので入門編と並行してやれるかたはそれがいいのかもしれませんが普通の方はそんな時間は取れないと思います。初期は入門編を地道にこなすときに入門編の問題に解答が思い浮かばなかった時の答え合わせに。入門編がおわったらこの本を読みちゃんと入門編の知識が身についてるか確認とともにたくさんの問題を解き腕をあげるのがいいのかなと思っています。ただ残念なのは著者が入門編とこの本に載ってない知識は他の著者のjavaの本に回すとかいてあるのにそれがまだ出版されてないことです。中級編お待ちしています。よろしくお願いします。

すべての9つのレビューを表示

  • yori

    ★★★★★ cも柴田先生の書籍で勉強したなー。読み進めていくと自然と何となく書けるようになっていく。 続きを読む

すべてのレビューを読む