発売日 2009年10月16日(金)

[Si新書]地衣類のふしぎ
コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの“植物”の正体とは?

著者名:柏谷博之(著者)

¥952(税別)

ISBN:
978-4-7973-4153-9
サイズ:
2919B434-48F3-4296-90A8-9F65386C1846
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・柏谷博之

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

地衣類のふしぎ"]
  • おおた

    地衣類の解説が中心で、個々の種について詳しい説明がある図鑑のような本ではない。藻類と菌類が共生する地衣類について概要を知るには良い本。菌類が体をつくり、守られている藻類が光合成をして菌類に栄養を与えている基本的なしくみを知ることができ、普段見ているコケ植物とはちがうなあと改めて実感。地衣類に興味がなくても、不思議な生活サイクルを概観することができるので、文章が多い生物読み物としても楽しい。 続きを読む

  • Teo

    地衣類をまともに考えた事が無かったので簡単にまとまった本を見つけて読んで見たかったから手にした。まあまあ期待通りの内容。地衣類と言えば菌類の身体に藻類が共生していて菌類部分は大抵が子嚢菌なんて程度の事しか覚えていないのでもっと具体的な事例を知る事が出来て良かった。リトマスはリトマスゴケから得られる染料だったとはなあ。 続きを読む

  • いきもの

    微生物の共生関係に興味があったため読む。細胞間のシグナル伝達とか、共生機構についてはあまり語られておらず、体の構造、ライフサイクル、分類といった博物学的な側面が強い。それでも有性生殖では菌のみの胞子が飛ばされるが、無性生殖では菌と共生藻がセットで飛んでいくというは興味深かったし、普通に読み物として面白かった。ただし第三章で説明される単語が第二章で説明もなしに続々と出てくるのには辟易した。 続きを読む

すべてのレビューを読む