発売日 2015年12月16日(水)

[Si新書]民間薬の科学
病気やケガに効く…民間の言い伝えはどこまで科学的か!?

著者名:船山信次(著者)

¥1,100(税別)

ISBN:
978-4-7973-4232-1
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・船山信次

船山信次(ふなやましんじ)
1951年宮城県仙台市生まれ。東北大学薬学部卒業、同大学大学院薬学研究科博士課程修了。薬剤師・薬学博士。天然物化学専攻。イリノイ大学薬学部博士研究員、北里研究所微生物薬品化学部室長補佐、東北大学薬学部助手~専任講師、青森大学工学部助教授~教授などを経て、現在、日本薬科大学教授。米国のPharmaceutical Biology副編集長。日本薬史学会評議員。著書はサイエンス・アイ新書『毒草・薬草事典』や『毒があるのになぜ食べられるのか』(PHP新書)、『毒と薬の世界史』(中公新書)、『<麻薬>のすべて』(講談社現代新書)、『アルカロイド-毒と薬の宝庫』(共立出版)、『毒の科学』(ナツメ社)、『毒と薬の科学-毒から見た薬・薬から見た毒』(朝倉書店)、『アミノ酸』(東京電機大学出版局)など多数。

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

民間薬の科学"]
  • Kouro-hou

    毒などで多くの著書のある薬学博士の船山先生の本である。今回のテーマは民間薬だが、それ漢方薬とどう違うの?という初心者向けにとても平坦に、わかりやすく、しばし脱線しながら書かれています。民間薬とは「民間の言い伝えによって、病気などに対して自分で適用しようという薬」。この本はその後の有効成分の発見で近代薬の元になったり、有毒成分が見つかって毒草扱いになったり、何も見つからなくて伝承だけが残ったなどの過程を文化として残すのが目的だそうで、この本読んで煎じて飲んだりするなよ!!とキツく語られてもいますw 続きを読む

  • よみびとしらず

    個々の薬について知識をつまみ食いしたい、一般向けの本。かつての迷信から、染料、香辛料、食糧として利用されるもの、現代薬の系譜に続くものまで。毒と薬は表裏。稲→「腹の減らない薬」には一本取られた(笑)ゲンノショウコの花が東(白)西(ピンク)で色が違うのは面白い。史前帰化植物の話も少し出たが、縄文弥生の植生ってどうなってたんだろう。桔梗根、塩附子、彼岸花の球根など、喩え毒抜きが不十分で死ぬ危険性があっても、食べなくては生きていけなかったんだろうな。 続きを読む

  • rebeccamycin

    様々な生薬に関するエピソードを写真や構造式とともに紹介している。語源や雑学もふんだんに含まれていて興味がそそられる。飲みの席で著者と語り合ってる感があって凄い良い。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品