発売日 2008年09月17日(水)

[Si新書]科学理論ハンドブック50
慣性の法則から相対性理論、量子論、超ひも理論、原子論、分子軌道論、遷移状態理論など

著者名:大宮 信光(著者)

¥952(税別)

ISBN:
978-4-7973-4249-9
サイズ:
2919B434-48F3-4296-90A8-9F65386C1846
ページ数:
248
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・大宮 信光

Twitter

Unable to load Tweets

科学理論ハンドブック50"]
  • 科学理論50物理化学サイエンス・アイ

    5.0
    下田 修司

    大学のテキストを思い出しました。大学の講義レベルがあり楽しめました。

  • 1.0
    シルバーブルーメ

     ひどい、としか言えない本だ。 筆者は、知識はあるのだろうが、それを他人に伝える能力に欠けている。 文章は読みづらく、内容もまったく解説になっていない。 物理や化学になじみのない人が手元に置いておくための「ハンドブック」の名にはまったく値しない。 たとえば、一番最初に出てくるニュートン力学、運動の第一法則について説明している文章。>慣性系を1つ定めると、それに対して等速度運動をしている座標系はすべて慣性系になる。つまり、慣性系は1つだけではなくて、無数にある。それらすべての慣性系で、ニュートン力学の3法則が同じように成り立つ。(13頁) とある。一番最初の項目からこれだ。「座標系」という言葉の意味をきちんと説明していないのに「座標系はすべて慣性系になる」と言われても困る。「つまり」が意味をなしていない。どうして「無数にある」ことになるのか、筆者にとっては自明かもしれないが、まだ理解できていない人間に向けて書く文章ではない。 そもそも、ニュートン力学の3法則の1番目のものを解説しているのに「3法則が同じように成り立つ」と書くとは、何を考えているのか。 全体的にこの調子である。 この筆者は、知らない人間に説明するのではなく、すでに相当の知識を持っている人間に向けて書いている。 少なくとも、裏表紙に書いてある「ワクワクしながら楽しんでほしい」というのは、この本に関してはまったく不可能である。

  • レビュー対象商品: 科学理論ハンドブック50 慣性の法則から相対性理論、量子論、超ひも理論、原子論、分子軌道論、遷移状態理論など (サイエンス・アイ新書) (新書)

    プレイバック80

    難しい公式をほとんど使わずに、イラストによるイメージと、理論の概要→理論が生みだされた背景→理論の発展というストーリー仕立てで科学理論を理解させようという、著者と出版社の意図なのだろう。あくまでも勝手な推測だが。この意図、理工系の人には物足りなく感じるかもしれないが、私のような文系の人間には、むしろこっちのほうがとっつきやすい。ただ、それでも理解するのは大変で、2〜3回読み直してみたが、概略はなんとなく理解できたものの、それ以上はなかなか。もう1ランクやさしく解説してくれていたら、とつくづく思う。

すべての4レビューを表示

  • newpapa

     全く理系思考はできないのに、科学史が好きなので読んでしまった。正直公式は全く理解できなかったが、科学者同士の時空を越えた関係性に面白みを覚えた。 続きを読む

  • 室○○信

    一応一周読んでみたけどなぁ・・・公式をかかないことで難しさを避けているのかもしれないけどかえって難しくなっている気がするのは僕だけかな。まぁもう二周、三周してみますが 続きを読む

  • 埋草甚一(U.J.)

    次の舟はどんな舟だろうか。外洋に漕ぎ出すことができるのか。 続きを読む

すべてのレビューを読む