発売日 2007年09月26日(水)

入っていい生命保険、いけない生命保険
選んでいいのはこの3つ!

著者名:池上 秀司(著者)

¥1,300(税別)

ISBN:
978-4-7973-4403-5
サイズ:
483249EC-8045-4953-B9C8-FA32EFC8092C
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・池上 秀司

Twitter

Unable to load Tweets

  • 保険加入を検討中なら是非、参考にしたい書籍です。

    4.0
    Amazonのお客様

    利害関係がない人に保険のメリット・デメリットって中々聞けません。聞けるのは最終的に自社の保険を勧める営業の方です。その保険屋さんの話は大変、難解で自社の都合で成り立っています。生命保険を考えているなら、読んでおいて損はないと思います。

  • 4.0
    Pomodoro

    生命保険の見直しのために、数冊まとめ買いをして読み比べてみました。「A会社の保険はダメ」などの過激で不安を煽る記載はありません。「入るべき保険は、終身医療保険、収入保障保険、変額終身保険の3つ」「保険の利回りが固定されている定額型の終身保険を選ぶということは、現在の史上最低金利を永遠に続けるということ」など、基本事項が冷静な文体で書かれています。図やグラフもシンプルで、いい配分だと思います。平成19年9月時点での取材に基づく内容なので、比較的新しいということも保険を調べる上では重要な点です。生命保険の基本事項を知るうえで、ずいぶん参考になりました。ただ具体的な生命保険商品への批評は書いてありません。自分の入っている保険商品の確認、あるいは加入を検討してる商品について知りたい方は、「生命保険のウソ・ホント」「こんな生命保険は今すぐやめなさい!」のほうをおすすめします。

すべての2レビューを表示

  • 青山和広

    入るべき保険は、終身医療保険、収入保障保険、変額終身保険の3つ 概往歴のある人も加入できる保険とは。 続きを読む

  • NERDSUNION

    保険のことについてまったく無知だったので、大変参考になった。「日本社の保険には入ってはいけない→払った保険料に対して、保障と手数料が割高過ぎるから」というのは、正にその通りだと感じる。他に数冊読み、さっそく日本社から外資系へ乗り換えた。保険は「定期」「終身」「養老」の三つの基本を学べば、あとは簡単です。この手の本は、だいたい同じ事が書かれていますので、一冊読めば充分です。 続きを読む

  • nanchom

    入るべき保険の考え方が理解できた。 すごく分かりやすくて人にも勧めたいと、久々に思いました。 終身医療保険、 収入保障保険、 変額終身保険 。 これに加えて 特定疾病終身保険(ガン)の加入を検討しようと思った。 続きを読む

すべてのレビューを読む