発売日 2007年10月16日(火)

地震予知の最新科学
発生のメカニズムと予知研究の最前線

著者名:佃為成(著者)

¥900(税別)

ISBN:
978-4-7973-4410-3
サイズ:
905F5FED-53B5-4103-AC19-201262D278C8
ページ数:
236
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・佃為成

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 地震の前兆について科学的な見解がありました

    3.0
    グリペン

    今まで都市伝説的に巷で噂されていた地震の前兆現象について、科学的な見解が得られたのは斬新でした。ただプレート運動の原動力がマントル対流と断言していることは、あまり好感度が無かったので星3つです。対流が起きるには熱と重力が必要なのですが、地球内部の外核の外側のマントル下部に十分な重力あるのか、物理現象として解明するべきではないかと思います。

  • 小さな本ですが地震の基礎がぎっしり詰まっていました

    5.0
    えがお一番

    地震の正体から、地震の規模別の発生頻度の導き出し方など、ひとつひとつの地震についての捉え方がていねいに解説されています。

  • 地震予知の知識が得られたように思います

    4.0
    aqua

    自信の仕組みや地震予知の情報が満載でした。専門的な情報もありますが、難しい部分は読み飛ばしても十分分かるようになっているようです。理系の人ならさらに堪能できるかもしれません。地震の前兆現象に空が光ることがあるのを初めて知りました。そのほかさまざまな前兆現象が実際の大地震の証言やデータなどから分かりやすく解説されています。これからは身の回りの現象から地震が予測できるかな…なんて思うようになりました。大地震はいつ起こるか分からない。だから少しでも知識があったほうがいいので、読んで損はないと思います。

すべての4つのレビューを表示

  • ユズハル on低浮上

    以前読んだ本。地震が起きるのは地球が生きているから。とてもためになり、地震の仕組みについて興味を持ったきっかけの本。地震による被害が少なくなって欲しいと強く思う。 続きを読む

すべてのレビューを読む