発売日 2013年12月17日(火)

[Si新書]温泉の科学
温泉を10倍楽しむための基礎知識!!

著者名:佐々木 信行(著者)

¥1,200(税別)

ISBN:
978-4-7973-4426-4
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
240
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・佐々木 信行

佐々木 信行(ささき のぶゆき)
1975年、東京大学理学部地学科卒業。1981年、東京大学大学院理学系研究科博士課程修了(鉱物学専攻)。理学博士(東京大学)。現在、香川大学教育学部教授。日本温泉科学会評議員・理事。日本温泉科学会第58回大会長などを務める。共著を含めた著書に、『温泉学入門』『資源論入門(コロナ社)、『温泉科学の最前線』(ナカニシヤ出版)、『天然無機化合物』(裳華房)などがある。2013年9月に日本温泉科学会功労賞を受賞。

Twitter

Unable to load Tweets

温泉の科学"]
  • もうすこし温泉を深く味わいたい方に

    5.0
    CaptainEO

    酸性、アルカリ性の違いとは何か、低拡張泉と高拡張泉、単純泉や医療泉といった用語はどのように区別されるのか、源泉掛け流しは何がいいのか、草津温泉や玉川温泉がなぜ素晴らしい温泉だと言われるのか、そういった解説を確かな知識的バックグラウンドをもとに、しかも一般読者が読んでも容易に理解でき、温泉気分さえ味わえるような作りになっているという意味で、この本はそういう温泉アマチュアにとってのバイブル的な存在かと思います。この本を、時間があるときに、少しずつ読むことで、どうすれば、良い温泉にめぐり合えるのかという温泉を「見る目」が育ちます。どうしても必要な本という類の本ではないので、kindleに入れておくととても良いかなと思います。読むだけで、副交感神経が刺激され、血圧が下がるなんて効能もあったりして?

  • 5.0
    nonna

    温泉好きにとってますます温泉が好きになる本です。温泉に掲げられている成分表の意味も分かるようになりまた一段と楽しめるようになりました。まさにタイトル通り温泉を10倍たのしめる基礎知識満載です。

  • 更に温泉の魅力が高まった。

    5.0
    Teturou Sakai

     元々から身体が弱かったせいか、私は余程の事がない限り、遠方へ行く時は必ず温泉に入浴する行程を組む程に温泉には目がない。 詳しくわかりやすい内容だから、何度も読み返す程に気に入ってしまい、温泉の知識が高まり、更に温泉にのめり込んだ。この本に出会ってよかった。 

すべての14レビューを表示

  • サンノート

    温泉に行くとよく近くのおっさんと会話になるのでそのネタに取っておこう。 続きを読む

  • 朧月

    温泉の効能とかを書いてあるのかと思っていたら、がっつりと温泉および温泉地の科学的、社会的な解説が書いてあり、非常に濃密な本でした。ここまで温泉について知見を高めている人がいると思うと、気軽に温泉好きとか言えませんね。 雑学本として非常に面白く読めました。 ただ、時折 温泉に関係ない筆者の雑談のような脱線した小話があるのが気になりました。文体的にはやや固めですが、文章としては気軽な世間話のような内容という感じです。 非常に用語が多く、ぱっと読んだだけでは半分ぐらいが頭に入ってくるかどうか。 続きを読む

  • ジュリ

    温泉まんじゅうは、もともと温泉の蒸気を利用して作られていたものだとは知らなかった。温泉せんべいや温泉水から作った塩などあるのも面白い。 続きを読む

すべてのレビューを読む