発売日 2008年05月16日(金)

[Si新書]うそつきは得をするのか
新ゲーム理論で読みとく人間関係の裏事情

著者名:生天目 章(著者)

¥952(税別)

ISBN:
978-4-7973-4482-0
サイズ:
2919B434-48F3-4296-90A8-9F65386C1846
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・生天目 章

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

うそつきは得をするのか"]
  • ペールエール

    ゲーム理論を浅くひろく紹介している1冊。 しかしこの本は紹介する事例も格別にわかりやすく、 より体系的にゲーム理論を学ぶことができる。 関連本も何冊か紹介していたが、是非読んで行こうと思った。 続きを読む

  • SS

    最前線の学者がかいてあるだけに、内容があり、しかも、全容がまとまっている。ハンドブックとして最適。 続きを読む

  • subuta

    個人や集団の行動を、利害の計算で説明しようとするのがゲーム理論らしい。とは言え、人間が次に何をするかの予測に使うものでもないらしく、どういう所で活用される理論なのか、いまひとつ把握できなかった。 続きを読む

すべてのレビューを読む