発売日 2008年11月17日(月)

[Si新書]ありえない!? 生物進化論
データで語る進化の新事実 クジラは昔、カバだった!

著者名:北村 雄一(著者)

¥952(税別)

ISBN:
978-4-7973-4592-6
サイズ:
2919B434-48F3-4296-90A8-9F65386C1846
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・北村 雄一

Twitter

Unable to load Tweets

ありえない!?生物進化論"]
  • ちょっと勘違いして買いました、が

    4.0
    choku

    それはそれで面白かったですねぇ。生物の進化の本だと思って買ったんですが、進化論とはなんぞや?って本でした。サブタイトルがいかん。でも勘違いしてよかったなって感想です。進化論ってそーゆーもんなだぁと、なんとなくつかめたかな?まぁお好きな方、学者さんに漠然と憧れてる方にはどーでしょ?

すべての1レビューを表示

  • ちぇけら

    卒論関連。やっと出てきた、詩情漂う表現!古代の様子を想像なのだろうけどしっかりと描写していて、当時の状況を思い浮かべながら読めるようになっている。クジラがカバに近いなど、進化に関わる様々な議論を交えながら解説してくれている。新しい発見があれば新たな考え方に変わっていく議論の流れを、克明に描写していた印象。どのようなデータを元にどんな結論を導くのかがいかに大事であるかが熱弁されていた。科学リテラシーや。。。 続きを読む

  • bluemint

    進化論は興味がある分野だったが、この本では進化の過程の前後の判断のつけ方や、特徴から見た近縁種の確定方法など基本的なところが参考になった。アカデミックな教育を受けた人は、大学等で最初に教わったのだろうが、門外漢の私にとっては知らないことだった。新しい化石の発見で今でも揺れ動く系統樹の検討にも目が離せない。 続きを読む

  • 文章で飯を食う

    クジラとカバが近い親戚だったり、鳥が恐竜の子孫だったり、面白い話がいっぱい。なぜ、そう言えるかのデータの考え方が良いね。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品