発売日 2011年03月16日(水)

[Si新書]不眠症の科学
過労やストレスで寝つけない現代人が効率よく睡眠をとる方法とは?

著者名:坪田 聡(著者)

¥952(税別)

ISBN:
978-4-7973-4959-7
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
248
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・坪田 聡

現役医師兼、All About 睡眠・快眠ガイド。3~5本/月の記事をウェブに公開。おもな著書に『快眠★目覚めスッキリの習慣』(中経出版)、『病気にならない睡眠コーチング』(青春出版社)などがある。睡眠に関する雑誌記事の執筆・監修を、1~3本/月で行っている。

Twitter

Unable to load Tweets

不眠症の科学"]
  • sakasakasa

    発売からしばらく経ったのに、誰も読んで無かったのか!……自分は授業中とか聴講中にどうしても眠くなるタチなんで、これは読んでおきたくて、さらさらと読んだのに、この過疎っぷりは何なんだ……。千円という、新書にしては高めな価格設定が二の足を踏ませるのか、という販売戦略を語ってもしょうがないですかね。とりあえず、昼間に眠気を催して困っちゃう人は、医者にかかる前にこの本の目次を見て自分がどんな状態に近いか把握してみるのも悪くないのでは?睡眠に関する雑学も豊富で、かなりコンパクトにまとめられているので、個人的にオスス 続きを読む

  • おりぜる@新書等の積読あと500冊!

    科学と銘打っているだけあって、睡眠に関する科学的知識が、図を交えてたくさん載っている。分かりやすい。不眠症の分類がデータを交えて説明されている。睡眠薬や睡眠導入剤の種類と効果についてもまとめられている。お手軽ハンドブックとして便利、かな。漢方薬についての解説もあって面白い。今度試してみようか。 続きを読む

  • デビっちん

    不眠の原因、影響、対処法、薬を使った対処法が主な内容。1章で睡眠のメカニズム。眠気を決める2大要因は、睡眠物質と体内時計。睡眠物質が増えすぎると脳が壊れてしまうため、睡眠物質の生産を止めて分解するための「恒常性維持機構」(ホメオスタシス)が必要となる。ノンレム睡眠は、睡眠物質が脳にたまり眠くなってきたから眠る。体内時計の1日サイクルを「概日リズム」と呼ぶ。光、音、食べ物を中心に睡眠衛生を整え心身をリラックスさせ不眠に対処する。眠れないときは起きてみることで睡眠時間が短く濃くなる。眠くなったら寝ればよい。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品