発売日 2008年11月11日(火)

母は僕らを葬ります (1)

著者名:サチコ(著者)

¥560(税別)

ISBN:
978-4-7973-5108-8
サイズ:
3FDBDC27-F15A-41EB-BD35-2BED8DD38792
ページ数:
160
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・サチコ

Twitter

Unable to load Tweets

  • 犯罪と家族ごっこ

    5.0
    風花

    少女は身を守る為、石で男の頭を殴りつけ倒し逃げ、この秘密を守る為、奇妙な家族ごっこのおかあさんにされてしまいます。この家の中では気弱な眼鏡の中学生の父、お姫様になりたい高校生?の弟に小学生の姉、女子高生のペットがいて、ごはんはお菓子。なんだかめちゃくちゃなごっこ遊びでも・・・家を離れてみると皆、なにかを抱えてるようで・・・・・

  • 5.0
    ひな

     それぞれの事情を抱えた学生の少年少女が、森の中の小さな家でだけ、『家族』をするお話です。 主人公は、人を殺して逃げて来て、森で自殺を図った所を『家族』に助けられた『お母さん』。 『お父さん』は気弱な中学生。 『お姉ちゃん』は現実を良く知る小さな小学生の女の子。 弟の『ちー坊』は、絵本の好きなお姫様志願の男子高校生。 ペットの『ラッキー』、どこかギャルっぽさのある女子高生。 1巻では主に、『お母さん』と『ちー坊』と『ラッキー』に焦点が当てられ話が進みます。 『ちー坊』の高校で起きているいじめに、『ラッキー』のデートDV。ありふれた社会問題で、他のレビューにもあるように、具体的な解決法がある訳じゃ無いものばかりです。 それでも確かに繋がって行く確かな家族の絆と、刻々と訪れる崩壊の予感が、私を惹きつけました。とっても魅力的でミステリアスな作品だと思います。 あと、2巻なのですが……1巻の発行が2008年。もう結構経っていますが、単行本は出て居ません。 デジタルコミックスのみで公開されておりますので、1巻を気に入った方はそちらをどうぞ。 なんて、私まだ、2巻読めて無いんですけどねw とにかく、オススメの作品です。皆さんも気に入って頂ければ、とっても嬉しく思います!

  • レビュー対象商品: 母は僕らを葬ります 1 (Flex Comix フレア) (コミック)

    如是我聞

    殺人や売春、虐め、家庭崩壊を抱えた数人が廃屋て暮らし擬似家庭を送る話。殺人を犯した少女だけは帰る家がない。特にちゃんとした救いもないしちょっとした幸福でしかみたされない家族だが擬似的でも十分に現実よりマシだと思う。

すべての4レビューを表示

  • exsoy

    現実逃避の家族ごっこ。肝っ玉かあさん。 続きを読む

  • dodomun

    二巻コミックスで販売してほしい 続きを読む

  • なにがし

    おかしなおかしな疑似家族。みんなこころがねじくれてる。 続きを読む

すべてのレビューを読む