発売日 2009年07月16日(木)

[Si新書]カラー図解でわかるブラックホール宇宙
なんでも底なしに吸い込むのは本当か? 死んだ天体というのは事実か?

著者名:福江 純(著者)

¥952(税別)

ISBN:
978-4-7973-5117-0
サイズ:
2919B434-48F3-4296-90A8-9F65386C1846
ページ数:
240
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・福江 純

Twitter

Unable to load Tweets

カラー図解でわかるブラックホール宇宙"]
  • 難しい内容をわかりやすく教えてくれました。

    4.0
    スキップ

    「ブラックホールについて調べたい」という高校1年生の娘の夏休みの宿題のため購入しました。難しい内容をわかりやすく教えてくれて、「よくわかるとまではいかないけど、何となくわかった気がする。」そうです。もっと読み込めば理解できるのではないかと思いますが、宿題のための慌てた勉強だったので、「ゆっくりと読みたい。もっと宇宙全体の勉強がしたい。」と学習意欲を刺激する内容だったようです。

  • 4.0
    黒猫嬢

     『儲けたいなら科学なんじゃないの?』で成毛眞が紹介していたので、興味が出て読みました。第1章『常識篇:ブラックホールの非常識』では世間に広まっているブラックホールのイメージを覆す衝撃的な内容が書かれていて、驚愕しました。第1章だけでも読む価値が有ります。宇宙SFが好きな方には中々興味深い話題がいくつも出てきます。成毛眞も言っていたようにかなり難しいのですが、綺麗なカラー図解が豊富に出て来るので、眺めているだけでも楽しめます。とても綺麗なブラックホールの写真に感動しました。内容自体は難解ですが、身近に感じられる例えが多く、文章は分かり易いです。専門用語が頻繁に出て来るので、物理学の知識は必要でしょう。第6章『未来篇:ブラックホールエンジン』は、ブラックホールの利用法について書かれていて大爆笑。

  • レビュー対象商品: カラー図解でわかるブラックホール宇宙 なんでも底なしに吸い込むのは本当か? 死んだ天体というのは事実か? (サイエンス・アイ新書) (新書)

    ろしゅ

    グラフや、様々なケースの例を豊富に載せていて、著者の意欲が窺い知れます。ブラックホールの近くで見える光景、ブラックホールに落ちた場合に見える光景、ブラックホールを実際に見た場合の光景…などなど、例が豊富。単なる知識の紹介だけに留まらず、「実際にはどんなふうに見えるか?」ということを追求し、果敢に取り組んでいる点は評価したいです。ただ、それだけに、敷居が高い。いや、高すぎる…。図やグラフをポンと載せてますが、そのグラフの見方を紹介してません。分かる人にしか分からない、読者を選ぶ本でしょう。ドップラー効果や重力赤方偏移など、ある程度の予備知識があっても、ついていくのに苦労します。残念ながら途中で断念しました…。後半の章は著者の趣味とのことですが、そこは謙遜しなくて大丈夫。少なくとも自分は、こういう息抜きは好き。ていうか、アニメ好きを謙遜してほしい。おばQ定理、ヲカエリナサイ……www

すべての5レビューを表示

  • どうしよう@新書等の積読あと500冊!

    kindle版。おもしろかった。結構深いところまで扱ってる。さすが福江さん。ブラックホールの構造図解が楽しい。ペンローズ図の読み方が分かってひとつ賢くなった。 続きを読む

  • マーム

    カラーで図解されているので、理系人間ではない私にも理解できるかな、と思って読み進めましたが、なかなか難解でした。 続きを読む

  • たもん

    図解の豊富な一般向け書籍でありながら、きっちりと誤魔化しなしに物理の説明がされている。スターボウやブラックホール近傍から見上げた空の色など、著者自作のパソコンプログラムで作成されている点などはこの本独自の工夫。あと、著者は本当に「トップをねらえ!」が大好きというのが伝わった。るくしおんにノリコの乗ったマシーンが接近してる写真をもって「ウラシマ効果」の図解とか。私も好きだけど。 続きを読む

すべてのレビューを読む