発売日 2010年02月16日(火)

[Si新書]マンガでわかる菌のふしぎ
肌をピカピカにして性別も決める細菌とは?火星由来の細菌があるってホント?

著者名:中西 貴之(著者)

¥952(税別)

ISBN:
978-4-7973-5372-3
サイズ:
2919B434-48F3-4296-90A8-9F65386C1846
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・中西 貴之

Twitter

Unable to load Tweets

マンガでわかる菌のふしぎ"]
  • 細菌の知らない世界を読みやすく解りやすく

    5.0
    うろやけぬま

    マンガと平易な文章で驚きの細菌を知れる一冊です。最も身近に居ながら馴染みが無い 多分専門書でも読まない限り知ることも無い細菌の世界を読めるのは凄いです。見開き片面文章 片面カワイイ漫画 という構成これ以上簡単かつ面白い細菌本はないでしょう全く興味なくても完読後は細菌の知識が身につくことでしょう。

  • 3.0
    Amazonカスタマー

    内容はいいと思います。しかし・・何かが足りない・・面白くないんです。分かりやすいのですが、マンガという視点では★一つですね

  • いい本です

    5.0
    エモール

    わたしは、黴菌という言葉が大嫌いで、人間は細菌と共存し、病原菌と戦ってきた、と、家族などに言ってきました。昨今の抗菌ブーム、臭い退治へのこだわりは病的としか思えない。理科教育の貧困のなせる業。理科嫌いを作れば都合がいい、原発?わたしわからない、そんな難しそうなこと考えるのもいや。菌って悪さするんでしょ。それに気持ち悪い、こういう人をたくさん作れば、支配や金儲けに都合がいい。小さい子供は何でもなめようとする時期があるけど、あれって必要な細菌を取り込んでるじゃないかと私には思えるんだけど、、、。この本は、読みやすいしわかりやすい。おすすめです。

すべての5レビューを表示

  • つなで

    60キロの体重に100グラムの皮膚常在菌、そして1キログラムの腸内細菌。菌が嫌いな人にはショッキングな事実かもしれません。これらの菌は、外部からの有害な菌の侵入を防いでいるので、必要以上の除菌・抗菌は考えものです。「無菌人間はキレイか?」というトピックも面白かった。 続きを読む

  • ame39

    菌と人間の素晴らしい共生にときめく。サイエンスコミュニケーターのおびおさんの菌愛に溢れた一冊。--それにしても最後の無菌のAさん、バチルス・ナットーに感染して体が糸を引き始める件が恐ろし過ぎる。はわわわわ、ホラー。100兆個の常在菌に感謝。 続きを読む

  • いきもの

    細菌勉強してたから物足りない部分もあったけど、知らない菌もたくさん出てて中中楽しかった。ただ古細菌も細菌の中に入れちゃうのはどうなのか。 続きを読む

すべてのレビューを読む