発売日 2012年12月15日(土)

[Si新書]外来生物 最悪50
なぜ生態系や固有種存続に悪影響が?
招かれざる種を徹底分析!

著者名:今泉忠明(著者)

¥952(税別)

ISBN:
978-4-7973-5532-1
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・今泉忠明

今泉忠明(いまいずみ ただあき)
1944年東京都生まれ。東京水産大学卒業後、国立科学博物館で哺乳類の分類を学ぶ。文部省の国際生物計画(IBP)調査、日本列島総合調査、環境省のイリオモテヤマネコの生態調査なに参加。上野動物園動物解説員を経て、(社)富士市自然動物園協会研究員として小型哺乳類の生態・行動などを調査。また川崎市環境影響評価審議会委員を務め、1994年からは日本ネコ科動物研究所所長に着任。1999年6月北海道サロベツ原野にて、世界最小の哺乳類「トウキョウトガリネズミ」を生きたまま捕獲することに世界ではじめて成功する。おもな著書に『猛毒動物 最恐50』(サイエンス・アイ新書)、『図解雑学 動物行動学入門』(ナツメ社)、『ヘンテコ姿の生き物』(技術評論社)、『世界珍獣図鑑』(人類文化社)などがある。

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

外来生物"]