発売日 2009年07月15日(水)

這いよれ! ニャル子さん 2

著者名:逢空万太(著者) 狐印(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-5540-6
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
288
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・逢空万太

イラスト・狐印

Twitter

  • 一度は手放しましたが

    5.0
    Amazon カスタマー

    この、軽い文体とノリ、ネタ、もっと30巻くらい続ければ良かったのに。結局、手元に置いておきたい本となりました。中身は買って読んで下さい

  • 5.0
    hiro

    アニメとの比較で感想を書きます。筋書はアニメと大筋一緒。ただ、アニメ版では. 「そこまでニャル子を毛嫌いしなくても良いのでは」と思う面もあったが、原作のニャル子はもう少し残虐でうさんくさい。信用しきれない感じが 文章のニュアンスに出ている。でも、その多重性がむしろ魅力的です。あと、ニャル子の料理を真尋が食べる場面を含め、料理関係がアニメより充実していて、理不尽と日常の落差が大きい。

  • とても良かった。

    5.0
    東天紅

    這いよれ!ニャル子さんラブクラフトのファンとして、楽しめる本です。

すべての12レビューを表示

  • 蛇の婿

    やはり前巻の冒頭での主人公の不自然なフォーク刺し、及び性格の難は作者も感じていたらしく、この巻においてそれがちょっとフォローされているのがなかなか笑えますw相変わらずのオタネタのオンパレードがなかなか楽しく、そして前巻の敵役のクー子の再登場が嬉しいです。またいい味を出しているんだw 今回もとても楽しませて頂きました。…主人公のことが無条件で大好きなニャル子さんには好感が持てるので、あとはこの話のヒロインかつ主人公のスタンスが最終的にどう変わっていくのかがこのシリーズのキモなんでしょうねえw 楽しみです。 続きを読む

  • ほーりえ

    キャラは可愛いし、日常の掛け合いも面白い。けどパロディがちょっと拾いきれないかな。レビューを見る感じ結構マイナー(?)な所からもネタを持って来ているみたいだし・・・。ストーリーは相変わらずスケールだけ壮大でオチはくだらないパターン、このまったりしたノリは結構好きです。 続きを読む

  • Yobata

    クー子が自宅警備員からコネで公務員に就職し、転校生という形でやってくる。そして何者かが精神面から地球侵略を企てる。果たしてその者とは?そして目的とは??今回はニャル子の兄,ニャル夫の強襲の巻。いやぁ…バイクの轢殺はいかんでしょwwクー子の百合百合が話に追加され、性欲度・変態度が跳ね上がってるw 続きを読む

すべてのレビューを読む