発売日 2016年10月15日(土)

[Si新書]知られざる潜水艦の秘密
海中に潜んで敵を待ち受ける海の一匹狼

著者名:柿谷 哲也(著者)

¥1,000(税別)

ISBN:
978-4-7973-5565-9
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・柿谷 哲也

柿谷哲也(かきたに てつや)
1966年、神奈川県横浜市生まれ。各国の陸海空軍をテーマに取材する、フリーランスのフォト・ジャーナリスト。おもな著書は、『海上保安庁「装備」のすべて』『災害で活躍する乗物たち』『知られざる空母の秘密』『イージス艦はなぜ最強の盾といわれるのか』(サイエンス・アイ新書)など。日本だけでなく海外の航空誌、軍事誌にも多数寄稿。日本航空写真家協会会員。航空ジャーナリスト協会会員。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

知られざる潜水艦の秘密"]
  • Admiral2009

    世界の海には二種類の船しか存在しない。「潜水艦と潜水艦に沈められる船だ。」 続きを読む

  • イグアナの会 事務局長

    現在の海軍の主役兵器である潜水艦。場所を把握する事が極めて難しく、いつでもどこでも核弾頭ミサイルを撃つ事ができる恐怖の兵器。空母を中心とした艦隊が最も恐れる兵器。対艦・対空では絶対的に強いイージス艦でも潜水艦には立ち向かえない。ゆえに、対潜水艦戦に使われるP-3C哨戒機や、いずも型ヘリ空母の重要性がよくわかる。日本が独自開発してきた潜水艦は、静音性と機動性では米国製を上回る。最新型潜水艦「そうりゅう」はスターリングエンジンが搭載されているが、次世代機は燃料電池が搭載され、静音性は格段に進化しそう。 続きを読む

  • たかひー

    ★★★★ 潜水艦についてなかなかわかりやすく書かれており、なかなかのもの。新たに知ることも多かった。一方艦内の生活などについてはほとんど書かれていない。 続きを読む

すべてのレビューを読む