発売日 2010年05月18日(火)

魔法の夜を公爵と

著者名:セレステ・ブラッドリー(著者) 高里ひろ(訳)

¥850(税別)

ISBN:
978-4-7973-5626-7
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
432
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・セレステ・ブラッドリー

訳・高里ひろ

Twitter

Unable to load Tweets

  • 美女へとの変身物語+女同士の友情物語

    3.0
    ベテランママは本、マンガ、BL本大好き

     この子は実は(・・)です。 それでも、しっかり幸せになります。 シリーズ三冊、これにて完結。魔法の夜を公爵と (ソフトバンク文庫NV) 私的には、いろいろ葛藤を持ってる分、これが一番面白いかったかな。 ハッピーエンドにするには、かなりの力技(え、これってアリ??状態)ですが、 読後感が良かったのと シリーズ登場、前二冊の乙女たちとの 友情が素敵で、大好きなシリーズです魔法の夜を公爵と (ソフトバンク文庫NV)

すべての1レビューを表示

  • blue_ash

    積読の下の下から…たまたま棚にあったのと気になるあらすじで手に取ったと記憶。初めての方だったはずだが、話の持っていき方がうまいと思った(テンポやタイミングが良かった)。シリーズまたまた飛ばして3作目から読んでしまったようだが、シンデレラなのはわかるけど色々混ぜてるというか、お伽話は皮肉の塊なのだと改めて気づかされた笑 ヒーローはヒロインの色々を受け入れても気の毒にならないくらいにちょうど良く駄目な人で、根は真面目で憎めないあん畜生型(笑)だからバランスが良かったとも感じた 続きを読む

  • Hろま

    ★★★☆☆ 三作目ともなるとネタ切れかな、と思いましたがなかなかどうしての大どんでん。一番派手さのないヒーローとヒロインですが、好きな話です 続きを読む

  • ぼんちゃん

    面白かったです!ロマンス小説好きになったきっかけの本かも。自身のない、ヒロインが嫌味がなくて、好きでした。 続きを読む

すべてのレビューを読む