発売日 2009年10月15日(木)

這いよれ! ニャル子さん 3

著者名:逢空万太(著者) 狐印(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-5635-9
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
312
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・逢空万太

イラスト・狐印

Twitter

  • 蛇の婿

    このシリーズ、時間を置いて読まないとすごく疲れるというのがわかりました…オタネタのオンパレードがメインで、わりと色々なことがご都合主義で流れてゆく(もちろんそれもメタフィクション的なネタですが)ということもあるし、あと主人公の性格も若干気に入らない部分が…いや、かなり気に入らない…っていうかこの性格設定って明らかに失敗なような気がするというか…ううむ。あとがきによれば、この巻はどうやら相当の難産だったようで、なんだか今回少し引っかかった部分も、もしかしたらそのへんに原因があるのかもしれません。 続きを読む

  • Yobata

    ニャル子ばかりかクー子まで家に住まわせなければならなくなってしまった八坂真尋。神不在の幻夢境のサポートという仕事をほったらかして遊び放題の邪神たち。そんな中、暮井に邪神レーダーが反応し、さらに真尋に攻撃してくる。その攻撃によってなんとニャル子と真尋の身体が入れ替わり…。実は彼女は暮井の身体を借りたイースの偉大なる種族という邪神で、地球は狙われているという。果たしてその意味とは?そして真尋は無事に自分の身体に戻れるのか?イス香がただのアホすぎて笑えたwジャマーの小学生の喧嘩がもうアホの極みw→ 続きを読む

  • 王蠱

    偶発的な入れ替わりイベントをここまで生かすヒロインはまずほかにいないだろ(笑)あざとい、あざと過ぎるぞニャル子。だがそれが良い! 続きを読む

すべてのレビューを読む