発売日 2012年09月15日(土)

[Si新書]ドッグファイトの科学
知られざる空中戦闘機動の秘密

著者名:赤塚 聡(著者)

¥952(税別)

ISBN:
978-4-7973-5639-7
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・赤塚 聡

赤塚 聡(あかつか さとし)
1966年岐阜県生まれ。航空自衛隊の第7航空団(百里基地)で要撃戦闘機F-15Jイーグルのパイロットとして勤務。現在は航空カメラマンとして航空専門誌などを中心に作品を発表するほか、記事の執筆やDVDソフトの監修なども行なっている。日本写真家協会(JPS)会員。日本航空写真家協会(JAAP)会員。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

ドッグファイトの科学"]
  • 戦い方にも色々あるのだ・・

    5.0
    おなす

    本書を読むと、すごいパイロットであれば、どんな戦闘機でも自在に乗りこなして空戦に勝利する・・という私のような素人の幻想を打ち砕いて、まるで研究室にいるような技術者魂で、与えられた機体を研究しつくしてその力を最大限に生かすために、知恵の限りを尽くして有利な状況を作り出す、非常に精密さを要求される仕事であることが分かる。パイロットにとって直観的な判断は、最後の最後、それこそ技術を尽くして天命を待つと言った、ほんのわずかな瞬間に有効な能力で、そのほとんどは、計算し推論して理論的な組み立てで空戦を行っているのだと思った。几帳面でない奴はパイロットになれないとつくづく感じる。パイロットを目指さなくて良かった・・というよりとても私には無理だけど・・

  • 5.0

    ある程度の知識がないと楽しめない本だと思いますが、戦闘機好きにはたまらなく面白い内容でした。なんとなく“点”として理解していた知識が“線”に繋がった感じです。戦闘機マニアでよかった!(笑)

  • 戦闘機好き

    5.0
    azbee

    には、是非読んでほしい1冊ですね^^編隊飛行等、シムで遊んでいる方には、おすすめです。

すべての19レビューを表示

  • mitei

    現実のドッグファイトがどのような歴史で戦われて来たのか、今の戦術など勉強になる。 続きを読む

  • nobug@絶賛入院中(2020/1/9〜)

    航空自衛隊でF-15Jイーグルのパイロットだった人が書いた本。最初のほうは戦闘機の飛行方法が詳しく書かれていたが、よくわからなかった。後半は実例をもとに書いてあったので、わかりやすかった。読後感はよい。 続きを読む

  • Admiral2009

    1980年、航空自衛隊老兵F-104で米空軍新鋭機F-15を戦闘訓練で叩き落とした伝説のファイターパイロット岩崎貴弘(ロック岩崎)「横転コルク抜き」を思い出す。 続きを読む

すべてのレビューを読む