発売日 2014年09月17日(水)

[Si新書]ブルーインパルスの科学
知られざる編隊曲技飛行の秘密

著者名:赤塚 聡(著者)

¥1,000(税別)

ISBN:
978-4-7973-7313-4
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・赤塚 聡

赤塚 聡(あかつかさとし)
1966年、岐阜県生まれ。航空自衛隊の第7航空団(百里基地)でF-15Jイーグル戦闘機のパイロットとして勤務。現在は航空カメラマンとして航空専門誌などを中心に作品を発表するほか、執筆活動やDVDソフトの監修なども行っている。またブルーインパルスには定期的に同乗して空撮取材を実施している。日本写真家協会(JPS)会員。おもな著書は『ドッグファイトの科学』(サイエンス・アイ新書)、『T-4 Blue Impulse写真集』(TIPP)。

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

ブルーインパルスの科学"]
  • RmB

    電子版にて読了。アクロバット飛行というものが入念な計画、準備のもとに行われていることがよくわかる良書だと思います。計画や準備、他の分野でも大切なことではないでしょうか。 続きを読む

  • Shintaro

    著者は元F15パイロットで航空写真家の赤塚聡氏。自慢の写真だけでなく、本文も蘊蓄とブルーインパルス愛に満ち溢れている。各国のアクロチームも紹介されているが、ロシアの騎士以外は軽戦闘機ないしは練習機が主流。これは飛行の正確性ないしは回転半径をコンパクトにするためですね。T4の最高速度はマッハ0.91ですって。僕らの乗る旅客機とそう変わりませんね。しかし戦技研究仕様機はラダーの作動角を+10度にしている。よく曲がるT4だ。ファン・ブレークの機体間隔は最短1mだって。これってすごすぎない? 続きを読む

  • F4ふぁんとむ

    コンパクトだけど情報ぎっしり。各マニューバーの高度や速度まで載っているのに感激。写真のよさは保障済みだし。さすが赤塚氏の著作です。 続きを読む

すべてのレビューを読む