発売日 2011年05月17日(火)

[Si新書]せんいの科学
天然せんいとスーパーせんいの驚くべき機能と活用法

著者名:山﨑義一・佐藤哲也(著者)

¥952(税別)

ISBN:
978-4-7973-5992-3
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・山﨑義一・佐藤哲也

Twitter

Unable to load Tweets

せんいの科学"]
  • 伝統工芸から最先端技術まで

    4.0
    Edgeworth-Kuiper-Belt

    繊維の本です。オールカラー。テーマごとに見開きの説明になっており、左が本文、右が写真もしくは図という構成です。著者2人は京都工芸繊維大学繊維科学センター所属。細くて長くてしなやかで、しかも軽い。絹や木綿や麻といった天然繊維から、ポリエステルやナイロンやアラミドなど、様々な繊維の特徴を説明しています。さらには、京友禅、タイヤ、海苔の養殖、ドームの屋根。橋桁補強という用途は、知らなかったのでちょっと驚きました。織機、染色、測定器、リサイクル、衣類以外の幅広い用途についても紹介されています。今後25年後の未来において、繊維が活躍しているであろう新しい分野や用途についても予想されています。新書サイズながら、ビジュアルに訴える構成で読みやすくなっています。化学式は出てきません。ただ、せっかくビジュアルな構成になっているのに、解像度が悪くてよくわからない写真がいくつかあるのが、少し残念でした。

すべての1レビューを表示

  • ふろんた

    ★★★★ 続きを読む

  • おりぜる@新書等の積読あと500冊!

    2011年初版発行。 身の周りのモノは、だいたい金属、木材、紙、合成樹脂、ガラス、そして繊維でできている。ということで、繊維の世界を知ろうと、ネットで中古本を購入。ようやく読了できました。 ▼章立ては、繊維とは、日本の伝統的な織物、天然繊維と人工繊維、繊維と色彩、繊維の工学的応用例、衣類と繊維、繊維開発の最先端。巻末に索引あり。 図や写真がカラーでたくさん載っているので、理解の助けになる。 ▼科学というタイトルの割には、応用製品の紹介などが多く、繊維関連のことがらを幅広くまとめた感じ。 続きを読む

  • 山崎洋武

    綿やポリエステルなどお馴染みの繊維から、水運搬船に使えるスーパー繊維まで、様々な繊維の解説がある。個人的には、繊維とは切っても切り離せない項目である染色に1章割いている点が良かった。平安貴族の色使い、「かさねの色目」サンプルとして配色の例が掲載されているが、実際に衣類で再現されているのが見たくなった。 続きを読む

すべてのレビューを読む